美術

常に「恐るべき新人」を待望している美術界という戦場に、しなやかでしたたかで大胆不敵な日本画が届いた。|服部しほり

常に「恐るべき新人」を待望している美術界という戦場に、しなやかでしたたかで大胆不敵な日本画が届いた。

No. 795(2015.02.16発行)
次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

服部しほり

はっとり・しほり/1988年京都府生まれ。日本画家。2013年京都市芸術大学修士課程日本画修了。物語から想を得た場面。鮮やかな色合いの奇っ怪な男たちや異界の様子を描いて、すでに熱心なファンを持つ。アートアワードトーキョー丸の内2013/行幸地下ギャラリー(東京)など入選多数。京都在住。

photo/
Kazue Kawase
text/
Yoshio Suzuki
edit/
Madoka Hattori

本記事は雑誌BRUTUS795号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は795号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.795
次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。(2015.02.16発行)

関連記事