ファッション

木型まで特注したコラボ企画。

Brutus Best Bets

No. 793(2015.01.13発行)
夢の値段2015

木型まで特注したコラボ企画。

「エラ」や「オーセンティック」と並んで人気を誇る〈バンズ〉のスリッポンに〈ホワイトマウンテニアリング〉の今季の象徴的なパーム柄をプリント。より足馴染みをよくするためにシャープにアレンジした木型を使用。メンズ、レディースサイズを展開。9,500円(ホワイトマウンテニアリング×バンズ/ホワイトマウンテニアリング☎03・6416・5381)

今年の香りはこれでスタート。

2010年に発売された、《ブルー ドゥ シャネル オードゥ トワレット》に続き1月23日に、《ブルー ドゥ シャネル オードゥ パルファム》が発売。瑞々しく心地よい香りが特徴で、ソープも同時に展開される。右/ソープ6,400円*数量限定、左/フレグランス9,500円*数量・店舗限定(シャネル/シャネル カスタマーケア・センター☎0120・525・519)

薄手の春のスエット。

ネイビーのボディに、スイス西部にある標高1,679mのジュラ山脈のイラストをプリントした〈アー・ペー・セー〉のクルーネックスエット。糸自体に凹凸があるスラブヤーンを混紡したコットン素材を使い、シャドーボーダーの織り柄で編み立てた表情のある一枚。19,000円(アー・ペー・セー/アー・ペー・セー カスタマーサービス☎03・3710・7033)

クラッチ風に持てるポーチ。

2015年S/Sコレクションのメインアイテムとして手元を飾っていたのが、〈3.1 フィリップ リム〉が新提案するポーチ。レザーとナイロンの切り替え部分を折り返すことでフォーマルなスタイルにも相性がいいクラッチバッグ風に持つことができる。H33.5×W21.5×D2.5㎝。54,000円(3.1 フィリップ リム/3.1 フィリップ リム ジャパン☎03・5411・2870)

トレンドのレザーバックパック。

今季の注目の一つであるレザーバックパックが〈コーチ〉からも登場。シックなネイビーで、シボ感のあるペブルドレザーをベースにシンプルに仕上げられている。フロントポケットには、ブランドのアイコン的なディテールの「ターンロック」を採用。H44×W35×D15㎝。92,000円(コーチコーチカスタマーサービス・ジャパン☎0120・556・936)

品良く履けるスニーカー。

ドレスシューズや細身なノーズのブーツで足元を飾る〈サンローラン〉では珍しい、クラシックなランニングスニーカーがモチーフになった新モデル。レザー使いやすっきりしたアッパーなど、今季展開するドレススタイルにも合わせやすい仕様になっている。70,000円(サンローランバイ エディ・スリマン/イヴ・サンローラン☎0570・016655)

2シーズンぶりに入荷。

程よく細身なシルエットのイージーパンツは、〈ウミット ベナン〉がデビューから展開する定番アイテムの一つ。今季はハリのあるコットン素材で製作。前シーズンは日本で発売しなかったアイテムだけに、今回の2月上旬の入荷とともに即日完売する可能性が高い。ショップに急げ! 35,000円(ウミット ベナン ダイカンヤマ☎03・3464・1365)

都市の色のブランケット。

バルセロナロンドンを拠点にするブランド、〈ズズナガ〉のブランケット。都市を撮影した写真をベースに、色とスケールを再構築してデザインされたもので、素材は薄く軽量で肌触りの良いメリノウール100%製。一点ずつ木製の機織り機で製造される。全4柄。140×180cm。34,000〜36,000円(ズズナガ/ブラック&ホワイト☎045・228・8430)

グラデーションプリントに注目。

エンポリオアルマーニ〉のカプセルコレクションから、グラデーションカラーのアイテムが登場。こちらの春先に活躍しそうなスエットは、インクジェットプリンターを使ったユニークなプリントが特徴。すっきりとしたフォルムでカジュアルに着られる。53,000円(エンポリオアルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン☎03・6274・7070)

〈ホマート〉の紳士クリップ。

机上でメモやポストカードなどをまとめるのに便利な木製のクリップ。カリフォルニアのホームアクセサリーブランド、〈ホマート〉の製品で、紳士のアイコン的なアイテムであるハット、ネクタイ、蝶ネクタイ、眼鏡、パイプ、髭の装飾が本体に取り付けられているのが特徴だ。1箱6個入りのセット。1,100円(ホマート/cazaru表参道☎03・6432・9087)

卓球がキーワード。

1929年に卓球の世界王者になったこともある〈フレッドペリー〉の創設者フレデリック・ジョン・ペリーと、幼い頃から卓球を趣味としているナイジェル・ケーボン。2人の共通点から生まれたのが、こちらのコラボポロシャツ。ゆったりとしたフォルムで、幅広の襟が特徴だ。16,000円(フレッドペリーフレッドペリーローレル原宿☎03・6863・5670)

スタイリッシュなタンブラー。

米国のボトルメーカー〈スウェル〉と〈フット・ザ・コーチャー〉のコラボレーションで生まれたペットボトルのようなシルエットの魔法瓶。ステンレスボトルにハイポリッシュ(鏡面仕上げ)加工を施しロゴをなくしたミニマムなデザイン。500㎖。14,000円(フット・ザ・コーチャー×スウェル/ギャラリー・オブ・オーセンティック☎03・5412・6908)

エーロ・アールニオの新刊本。

フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオの活動をまとめた書籍。初期の1960年代から近年に至るまでに生み出された《ボールチェア》や《ポニーチェア》などの家具の数々を、スタジオでの制作風景や発売当時の広告といった豊富な資料とともに掲載した決定版。『A=4πr2』160ページ。3,500円(クリア エディション&ギャラリー☎03・3405・8438)

自在に飾れる幾何学オブジェ。

棚に置いて飾ることはもちろん、モビールのように上から吊るしたり、壁面に飾ることもできる幾何学造形のオブジェ。カナダ発のデザインブランド、〈アンブラ〉のデコレーションアイテムで、本体フレームは真鍮色に仕上げられた細いステンレス製。形状の異なる3つのセットだ。《プリズマ ウォールデコ》3,800円(アンブラ ジャパン☎03・5368・1778)

3色の白Tがパックに。

写真の「ホワイト・グラデーション」Tシャツは、微妙に異なる3枚の白Tがパックになったもの。上質なコットン素材で、一枚でも十分に着られるハイクオリティな仕上がりだ。形は、ブランド定番のVネックタイプで、白と黒の2色展開。セットで32,400円(メゾンマルタンマルジェラメゾンマルタンマルジェラトウキョウ☎03・5725・2414)

グラフィカルなスニーカー。

素材はカーフレザーとナイロンを用い、ネイビー×ブルー×白を直線的なラインで構成したグラフィカルでボリュームのあるハイカットスニーカー。ニットポロシャツなどクラシカルな雰囲気のスタイルに合わせれば、スニーカーの未来的なデザインとのコントラストが楽しめる。101,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

ステッチがアクセント。

今季の〈プラダ〉らしさが詰まったアイテムの一つがこちら。ブラックのカーフレザーに、白いステッチのコントラストが映えるベルト。アクセサリーとして着こなしに取り入れるのがお勧め。ブラック、ネイビーブラウンなど、使いやすいダークカラーで展開している。各50,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

ネイビーのカモフラージュ。

プラダ〉で人気のナイロンバックパックから、カモフラージュ柄が登場。使いやすいマチ付きの大きな2つのポケットなど、高い機能性はもちろんのこと、流行や季節にかかわらず長く使えるアイテム。シンプルなスタイリングのアクセントにするのがお勧めだ。125,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

ボーダーを着よう。

柔らかく肌触りの良い上質なウールニットのボーダーポロシャツ。着た時のきれいなシルエットと今年らしいゆとりのあるサイズ感が特徴。襟、袖口、裾をトリミングしたブラウンのボーダーがレトロヴィンテージテイストを醸し出している。デニムパンツと合わせて着たい一枚。98,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

ワンポイントにも注目!

ブルー×グレーという優しいカラーリングで、コーディネートに合わせやすいバイカラークラッチバッグ。〈プラダ〉の定番素材「サフィアーノ」レザーを使用。きらりと光って遊び心のあるポーターのシルバーモチーフがアクセント。H17×W26.5×D5㎝。122,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ☎0120・559・914)

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno
edit/
Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno

本記事は雑誌BRUTUS793号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は793号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.793
夢の値段2015(2015.01.13発行)

関連記事