映画

インド映画を背負う男に、死角はない。|アーミル・カーン

BRUTUSCOPE(KEY PERSON)

No. 792(2014.12.15発行)
読書入門。

「観客を驚かせたい願望は強いね」と笑うアーミル・カーンは、新作『チェイス!』でもトリッキーな役柄で見参。人呼んで“Mr.パーフェクト”。エモーショナルな演技に、インド映画らしいエンタメ度爆発のアクション、ダンス……、称号通りの活躍だ。「マスコミは“ロマンスヒーロー”とか俳優を分類したがるけど、常に違う役の僕は分類不能。15年間出演作が全て成功したからついたニックネームさ。でも僕は完璧じゃない。人間は不完全、だからこそ美しいんだよね」。才気と繊細さが瞳に溢れた。

プロフィール Profile

アーミル・カーン
AAMIR KHAN

1965年インド・ムンバイ生まれ。ボリウッドのトップ俳優であり監督、製作や社会問題を扱うTV番組も手がける。44歳で大学生役を演じた『きっと、うまくいく』が日本でもヒット。インド映画史上最大の製作費をかけた『チェイス!』が現在全国公開中。TIME誌で「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれるなど現代インドを牽引する重要人物の一人。

photo/
Tomoyo Yamazaki
text/
Chikako Hara

本記事は雑誌BRUTUS792号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は792号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.792
読書入門。(2014.12.15発行)

関連記事