書籍・読書

人の日記を読み比べる。|小林エリカ

No. 792(2014.12.15発行)
読書入門。
「作家かジャーナリストになりたい」と夢を語ったアンネに感銘を受け、10歳で作家になると決心したエリカさん。『アンネの日記』は人生の書。
父の書棚で見つけた、古い『アンネの日記』。当時はセクシュアルな描写や母親の悪口は削除されていた。
『ブリジット・ジョーンズの日記』より。今日の日付や、友人の誕生日だけ拾い読みすることも。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

小林エリカ

1978年東京都生まれ。作家、漫画家。『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)で第27回三島由紀夫賞、第151回芥川賞候補に選出される。著書に、アンネ・フランクと実父の日記をめぐるノンフィクション『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)など。

photo/
Kasane Nogawa
text/
Yuriko Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS792号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は792号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.792
読書入門。(2014.12.15発行)

関連記事