Original Unverpackt

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 792(2014.12.15発行)
読書入門。
100㎡に350のプロダクト展開。建築事務所NAUとのコラボで棚や収納と店内の見せ方はシンプルで機能的。
まず自分の容器を量り、最後にレジで精算。
オリーブオイルやお酢。
穀物類ズラリ。
ガラス瓶はデポジット制。
好みの量を袋に。
オリジナルエコバッグも販売。
全て有機栽培の野菜。

若い女子が発案!パッケージ一切なしの量り売りの店。

若い世代の起業ラッシュに沸くベルリン。サラ・ヴォルフ(31歳)とミレナ・グリムヴォスキー(24歳)もそのうちの一組。クラウドファンディングにより、4,000人のサポーターから資金10万ユーロ以上を集め、パッケージのない新しいタイプのスーパーマーケットをこの秋スタートさせた。
 扱っているのは、有機栽培の野菜、パスタ、豆など穀物類にお菓子、コーヒーやお茶、ワインなど食品から化粧品、洗剤、歯磨き粉など生活全般に必要な品だ。
 来店すると、まず持参した容器の重さを量りバーコードステッカーを貼る。必要な量を容器に入れ、レジで商品分を支払うというシステム。商品は品質重視で選ばれ、錠剤の歯磨き粉やデポジット制で瓶がリサイクルできるジャムなどプロダクト自体にコンセプトがあるものも店頭に並ぶ。また、なるべく地産地消を目指し、野菜、自然派コスメなどベルリンやその郊外で生産されたものを厳選。つまり、良い品を必要なだけ購入できて無駄がなく、余計なゴミも出ない、といいことずくめなのだ。
 開店後は国内メディアだけでなく海外でも広く紹介された。出資者には金額により商品券やギフトが贈られ、大口で協力してくれた人は店内に名前が掲げられている。
 サラとミレナの夢はドイツ全土にパッケージなしのスーパーを普及させること。応援するサポーターも増え、夢は一歩一歩、現実に近づいているようだ。

この店の魅力は?

1 過剰なパッケージがないのでゴミが少ない。
2 量り売りなので必要な分だけ購入できる。
3 ベルリンと近郊からの良質プロダクトが多数。

オリジナル・
ウンファーパックト
Berlin
元お肉屋さんを改装。昔ながらのいい雰囲気を残した、清潔感のあるモダンデザイン。●Wienerstr. 16 10999 Berlin。10時〜20時(土10時〜19時)。日曜・祝日休。http://original-unverpackt.de

photo/
Rie Sawara
text/
Yumiko Urae
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS792号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は792号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.792
読書入門。(2014.12.15発行)

関連記事