の弥七/鳴神

グルマン温故知新

No. 791(2014.12.01発行)
なにしろ映画好きなもので。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

の弥七
四谷三丁目
デートにも使える、
貴重な中国料理
夜、飲んで食べて、
1人10,000円前後。
03・3226・7055

●東京都新宿区荒木町8 木村ビル1F。11時30分〜13時30分LO、17時30分〜21時30分LO。日曜休。交通:東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅A4出口を出て、外苑東通りを市ヶ谷方面へ。杉大門通りとの交差点角。徒歩5分。都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分。カウンター3席、テーブル8席。今年7月オープン。昼定食1,296円〜、お弁当2,700円。夜コース7,020円、9,720円。9,720円のコースは、焼きごま豆腐、三段前菜盛り合わせ、お椀、生もの、メイン料理、揚げ物、口直し、食事、デザート2品。日本酒1合972円〜、紹興酒グラス648円〜、白酒・果実酒グラス594円〜。ワインはグラス864円〜、ボトル4,104円〜。

鳴神
外苑前
外国人の友人との
会食、接待に最適。
飲んで食べて、1人
10,000〜15,000円。
03・6447・4866

●東京都港区南青山3−4−6 AOYAMA346 1F。12時〜13時LO、18時〜22時LO。不定休(休みはhttp://www.restaurant-narukami.com/で通知)。昼夜とも要予約。交通:東京メトロ銀座外苑前駅1a出口から246を表参道方面へ。南青山三丁目の交差点で外苑西通りを左に入り、1つ目の信号を右折した右手。徒歩6分。今年7月にオープン。カウンターのみ8〜10席。料理は昼夜共通で、お見立て5,400円、7,560円、おまかせ10,800円〜。7,560円のお見立ては、小さな前菜数品に、魚料理、肉の炭火焼き、締めの土鍋ご飯、デザート数品など全10品前後。ドリンクは、ワイン、焼酎、日本酒などが揃い、グラスワイン1,296円〜。

photo/
Naoki Tani
text/
齋藤優子

本記事は雑誌BRUTUS791号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は791号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.791
なにしろ映画好きなもので。(2014.12.01発行)

関連記事