映画

アートと映画で語る。ティム・バートン

No. 791(2014.12.01発行)
なにしろ映画好きなもので。
「絵も映画も色や光を使う。 この2つはよく似てるんだ」
デビルドッグ 2014年 38.1×40.6×38.1㎝  ミクストメディア ©2014 Tim Burton
グリーンマン 1999年頃 25.4×20.3㎝ 油彩・アクリル・キャンバス ©2014 Tim Burton
無題「オイスターボーイの憂鬱な死」 1998年 27.9×35.6㎝ ペン・インク・水彩・紙 ©2014 Tim Burto
ミスター・ハッピーフェイス 2008年 20.3×13.3㎝ 水彩・紙 ©2014 Tim Burton
包囲された! 1996年 91.4×121.9㎝ 油彩・アクリル・キャンバス ©2014 Tim Burton

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ティム・バートン
映画監督

1958年アメリカカリフォルニア州生まれ。ディズニーでアニメーターを務め、82年に監督デビュー。『ビートルジュース』『バットマン』シリーズなどで脚光を浴びる。怪奇で幻想的な映像が熱狂的なファンを生み出した。

photo/
Shunya Arai
text/
Yusuke Monma

本記事は雑誌BRUTUS791号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は791号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.791
なにしろ映画好きなもので。(2014.12.01発行)

関連記事