映画

監督と女優で語る。キム・ギドク × 二階堂ふみ

No. 791(2014.12.01発行)
なにしろ映画好きなもので。
「監督と女優の繋がりは大恋愛のようなもの」
「女優の心臓に入り込んで、そこに何があるか知りたい」

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

二階堂ふみ
女優

1994年沖縄県生まれ。2009年『ガマの油』で映画デビュー。『ヒミズ』でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した。出演する『日々ロック』が公開中。『味園ユニバース』は15年2月14日公開。

キム・ギドク
映画監督

1960年韓国生まれ。海兵隊員、画家を経て、96年『鰐〜ワニ〜』で監督デビュー。性や暴力をあからさまに描く作風が絶賛され、世界の映画祭を席捲。『嘆きのピエタ』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

photo/
Takahiro Igarashi
text/
Yusuke Monma
hair | make/
KOMAKI

本記事は雑誌BRUTUS791号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は791号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.791
なにしろ映画好きなもので。(2014.12.01発行)

関連記事