オステリア ダ カッパ/アミニマ

グルマン温故知新

No. 788(2014.10.15発行)
木の椅子と木工

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

オステリア ダ カッパ
銀座
友達同士でちょいと
立ち寄るのに最適。
2人で軽く飲んで食べて
1人5,000円〜。
03・6274・6620

●東京都中央区銀座8−7−2 藤井ビル2 5F。18時〜翌1時LO(土〜21時LO)。日曜・祝日休。交通:JR新橋駅3番出口から徒歩4分。旬の魚と野菜満載のメニューは、何にしたもんかと悩むこと必至。今の時期、食べるべきは、“加糖味”(かとみ)いちぢくとゴルゴンゾーラのひとくち冷製カッペリーニ1,000円。イチジクの中でも糖度20というレアなものだそう。9月・10月だけのお楽しみだ。パスタは、余裕があれば、「〆に辛めのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノが食べたい」
といったわがままも聞いてくれる。ワインは当然ながらイタリア中心。グラスワインが赤・白各2、3種で700円〜。ボトル3,000円〜で100種ほど。

アミニマ
外苑前
1人でも何人でも
楽しめる。シェアもOK。
軽くワインを飲んで食べて
1人6,000円〜。
03・6804・2846

●東京都渋谷区神宮前2−5−6 アマデウスハウス1F。17時〜23時(金・土12時〜15時、17時〜23時)。日曜休。交通:東京メトロ外苑前駅3番出口から徒歩6分。真っ赤な扉の先に、親しみやすい空間が広がる。「ワインあっての店にしたい」と店主。スパークリングを多めにラインナップし、一本頼んで分け合って飲んでほしいと言う。グラスワインも14種と充実。800円〜。ボトル3,800円〜。ハウスワインは、白、赤、ロゼのカラフ1,500円〜。鮮魚のタルタル・和歌山県産ぶどう山椒風味900円や柚子こしょう入り自家製ソーセージ・レンズ豆添え1,400円など和の調味料も巧みに使いこなすシェフの、〆カレー小800円はさすがの出来だ。

photo/
Akihiro Nagata
text/
渡辺紀子

本記事は雑誌BRUTUS788号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は788号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.788
木の椅子と木工(2014.10.15発行)

関連記事