〈日本料理 大和屋 三玄〉の「赤出汁」

自分史上最多ごはん

No. 788(2014.10.15発行)
木の椅子と木工
〈シェラトン都ホテル東京〉にある日本料理店。会席から寿司、天ぷらまで取り揃える。594円(税込み)。(☎03・3445・0058)

〈シェラトン都ホテル東京〉にある日本料理店。会席から寿司、天ぷらまで取り揃える。594円(税込み)。(☎03・3445・0058)

 執筆や取材対応の拠点として30年以上定宿にしているのが、白金台の〈シェラトン都ホテル東京〉。滞在中は、自ずと館内の施設を利用する機会も多い。特に多いのは、酒とシガーを飲る〈M Bar〉、そして、和食の〈大和屋 三玄〉。ある時、赤出汁の具の豆腐が1㎝角ほどだったので、「もっと小さく切れないのか」と言ってみたら、次に行った時に、黒文字……はわかるかな? 樹皮を残してある高級な楊枝だ。それを刻んだような、2㎜角の豆腐になっていた。「いくらなんでも小さすぎる」と言ってしまったが、以来、私仕様の赤出汁はこれになった。

カテゴリの記事をもっと読む

北方謙三
1970年のデビュー以来精力的に作品を発表。現在は文芸誌『小説すばる』で「岳飛伝」を連載中。最新刊は同作の単行本第10巻(集英社)。

text/
取材・文/小石原はるか

本記事は雑誌BRUTUS788号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は788号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.788
木の椅子と木工(2014.10.15発行)

関連記事