ファッション

フレッドペリーが本国で開催していたライブのイベントが日本初上陸!

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 788(2014.10.15発行)
木の椅子と木工
卓球台では、出演アーティストが遊ぶ姿も見られた。
リトル・バーリーのバーリー・カドガン。
SOHO NEONをテーマにしたフレッドペリー2014秋冬コレクションも展示された。
UKからやってきたリトル・バーリーの3人。
SOHO NEONをテーマにしたフレッドペリー2014秋冬コレクションも展示された。
東京スカパラダイスオーケストラのみなさん。
OKAMOTO'Sも登場! 写真はボーカルのオカモトショウ。
奥のフォトスペースで撮影された写真は公式Facebookページにアップされた。
DJの須永辰緒さん。
卓球台では、出演アーティストが遊ぶ姿も見られた。
SOHO NEONをテーマにしたフレッドペリー2014秋冬コレクションも展示された。
DJ JAMESさん。
トップバッターはgo!go!vanillas。

 フレッドペリーが本国イギリス2007年から行っているライブイベント『Sub-Sonic Live』が、この秋、日本で初開催! 実はフレッドペリーは、2000年代中頃から本国でオリジナルの音楽版ポータルサイト「Subculture」を立ち上げ、さまざまなアーティストを紹介するなど、音楽と深い関わりのあるブランドです。それだけにライブは濃密で、ステージには4組のバンドと4名のDJが次々登場。3時間30分にもわたる熱狂のステージが繰り広げられました。
 中でもトリを務めた東京スカパラダイスオーケストラは、かつてこのブランドとコラボレートしてポロシャツを作った間柄。熱すぎるパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせました。また今回ステージに登場したみなさんは、フレッドペリーのアイテムをなにかしら着用していたため、会場のゲストにとっては、その着こなしも参考になったのでは?
 ほかにもブランド創設者であり、卓球とテニスのトッププレーヤーだったフレデリック・ジョン・ペリーにちなんで、出演したアーティストがサイン入りテニスボールを客席に投げ入れたり、自由に遊べる卓球台が置かれるなど、ゲストを楽しませる仕掛けが満載。集まったフレッドペリーファンにとって、興奮の数時間となりました。

東京スカパラダイスオーケストラのライブ。大盛況で幕を閉じた。

Sub-Sonic Live

Title Sub-Sonic Live
Date 2014年9月24日
Time 19時〜22時30分
Place TSUTAYA O-EAST
Attendance 約1,000人

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS788号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は788号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.788
木の椅子と木工(2014.10.15発行)

関連記事