エンターテインメント

木で編む巨大人型に供物を詰め込んで…。

滝本誠のCAFÉ NOIR

No. 787(2014.10.01発行)
世界で生き抜く50の知恵

 グラフィック・デザイナーの余技的楽しみとして、〈作品〉としての映画ポスター制作というものがありそうですね。愛着のある過去の名画を自分だけの映画館の上映ポスターとして制作するわけです。和田誠さんなども、昔、ジャンル分けしての架空映画セミナーを構想し、それの告知という形でイカしたポスターを作っていらっしゃいます。これはすばらしかった。勝手に作っちゃいました、の愛と夢の世界ということができます。
 イギリスの若手デザイナー、リチャード・ウェルズ氏が90枚限定シルクスクリーン印刷で制作し、映画ファンの間でちょっとした話題となっているのが、クリストファー・リーの代表作のひとつで、ロビン・ハーディの監督作品『ウィッカーマン』(1973)のポスターです。『天路歴程』など、今や稀覯本世界でしかお目にかかれない、それ自体で読む絵、物語として絵を成立させる木版画の手法なのです。古風にして斬新、なかなかいいのですよ。ちなみに、2001年にリリースされたDVDは、焼きごてで木箱にタイトルとウィッカーマンを押し当てた、1点ごとに木目チェンジの凝ったものでした。
 ウィッカーマンとは木の枝で編み込んだ巨大ヒトガタのことで、古代の淫靡な、キリスト教からみれば唾棄すべき異教の〈お供えの儀式〉に使われます、というのが映画の設定。枝編みで小部屋が作られるわけですが、そこに動物が囲われ、彼らが捧げ物となります。一番の大部屋、それはちょうどヒトガタの心臓部にあたり、そこに入れられるのは……。
 イングランドで一人の少女が行方不明になり、彼女の足跡を追って刑事が飛行艇でスコットランドの島々のひとつに着水します。とにかくミュージカル映画かと思えるほどに、ひたすら歌が流れ、島民たちは楽しそうに老若男女みんなが踊ります。ついこちらも手がプイプイ、腰がクイクイ、宿屋兼パブの女、ブリット・エクランドは全裸で歌い踊ります。手は〈壁ドン〉、お尻はグイグイ。グイイッのグイ。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

たきもと・まこと/解説を担当した『フィルム・ノワールベスト・コレクション5』には「女囚の掟」「悪魔の往く町」など8作収録。

本記事は雑誌BRUTUS787号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は787号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.787
世界で生き抜く50の知恵(2014.10.01発行)

関連記事