仕事

縁あって派遣された国との付き合いは一生もの。

あの海外経験があったから、今の私がある。

No. 787(2014.10.01発行)
世界で生き抜く50の知恵
当時:切った木をその場で角材にするのがパプア流。日本の常識がほとんど通じない現場にも、じきに慣れた。(1993年12月〜1996年12月)

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

photo/
Yoichiro Kikuchi, Takahiro Okamura, Misa Nakagaki
text/
Aya Kurosawa, Nami Hotehama, Hikari Torisawa
edit/
Hikari Torisawa

本記事は雑誌BRUTUS787号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は787号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.787
世界で生き抜く50の知恵(2014.10.01発行)

関連記事