ファッション

SHINANOYA

いいひと、いい店、いい話。

No. 786(2014.09.16発行)
ブルータス百貨店
当時、最高級品だったというチェコスロバキア産のハットは、毛足の長いラビットファーを使用。本人私物。
黒人の米兵が履いていたピンクの靴下には、白井さんの思い出が詰まっている。ソックス4,000円(フランコ ソッツィ/信濃屋☎045・212・4708)
店内には、チェザーレアットリーニやラバッツォーロなど、白井さんがセレクトしたクラシコイタリアのアイテムがラインナップ。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

信濃屋
横浜
http://www.y-shinanoya.co.jp

photo/
Kento Mori
edit/
Takuhito Kawashima

本記事は雑誌BRUTUS786号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は786号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.786
ブルータス百貨店(2014.09.16発行)

関連記事