ファッション

生地を選ぶ楽しみを味わう。

Brutus Best Bets

No. 783(2014.08.01発行)
アウトドア大全

生地を選ぶ楽しみを味わう。

日本のモノ作りにこだわるブランド〈オールドマンズ テーラー〉が、今季よりフルコレクションを展開。写真は、パターンオーダーのサンプルで、約100種類の生地から選べ、袖丈やウエストのサイズ調整が可能。ジャケット200,000円〜、パンツ94,000円〜、ベスト88,000円〜。納期は約2ヵ月(オールドマンズ テーラー/アルファPR☎03・6418・9402)

存在感のあるスリッポン。

蛇腹のようなデザインのシュータンが個性を放つ〈カルヴェン〉のレザースリッポン。20世紀のギャングスターが履いていたワークシューズをモチーフにボリュームのあるタンクソールを組み合わせ、丸みのあるラストで仕上げたタフな作り。スラックスからデニムまで相性のいい一足だ。69,000円(カルヴェン/ブルーベルジャパン☎03・5413・1050)

その日の気分で使い分けて。

ロンハーマン〉の日本上陸5周年を記念した〈メゾンマルタンマルジェラ〉のスペシャルプロダクト。わずかに色が異なる(写真左から)ホワイト、オフホワイト、グレイッシュホワイトの3色がセットになったVネックのカットソーが〈ロンハーマン〉限定で発売される。30,000円(メゾンマルタンマルジェラロンハーマン☎03・3402・6839)

胸元を飾るホワイトシルバー。

“サヴィルロウの形式美とアーカイヴとの出会い”をテーマに今季コレクションを発表した〈ディオールオム〉。創設者のムッシュ・ディオールが好んだラッキーチャームが、ジャケットのラペルを飾るブローチで再び登場。スターとハートは各54,000円、モノグラムとコインは各60,000円(ディオールオム/クリスチャンディオール☎0570・200・088)

手軽で頑丈な防水スピーカー。

米国生まれの携帯スピーカー《BRAVEN BRU−1》。内蔵バッテリーからUSB経由でスマホの充電も可能。さらに驚くのは防水力。水深1mに30分間水没しても浸水しないという防水基準をクリア。ボディも頑丈なのでアウトドア向き。Bluetooth接続で使い勝手も良く、風呂場でも活躍。17,000円(BRAVEN/モダニティ http://www.modernity.jp

ミニマムな防水ブーツ。

荒れた山道や雪道でもグリップ力に優れるソールを採用した、〈テバ〉のスノーブーツ。インナーには、断熱材を用い、真冬の寒さにも対応した防寒性も兼ね備えている。見た目のゴツさとは裏腹に、片足わずか約450gという軽さにも注目だ。写真のオリーブのほか、チャコールグレーの2色展開。13,800円(テバ/デッカーズジャパン☎0120・710・844)

夏の超爽快バスタイムに。

入浴剤ソムリエ、パラダイス山元の責任監修で誕生した入浴剤《蔓潤湯 椿》。伊豆大島産の椿の実を明治以来伝統の玉締め式で現地搾油した、「天然椿オイル」100%使用。オレンジの缶はしっとり肌の《蔓潤湯 椿》、ブルーの缶は湯上がり爽快《クール蔓潤湯 椿》。パッケージは秋山具義がデザイン。750g。各3,500円(松田医薬品☎0120・47・1233)

初のスエットシリーズ。

アウトドアウェアを都会に落とし込み、機能美を提案する〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉から厚手のスエット素材を用いたアイテムが初登場。ナイロンポケットやドローコードなど、スポーティなディテールがちりばめられている。パーカ22,000円(ロッキーマウンテンフェザーベッド/サーティーファイブサマーズ☎03・5825・3588)

壁に飾るキャンドルホルダー。

デンマークのデザインカンパニー、〈メニュー〉の壁付けキャンドルホルダー。六角形のフレームの形状を利用して複数を並べたり密集させて飾れる。素材はパウダーコート塗装を施したスチール製で、ブラック、グレー、ペトロリウム、テラコッタ、ホワイトの全5色。H210×W185×D105㎜。《POV》各6,800円(メニュー/ランパス☎03・3862・6570)

パスクエのクッション。

1980年代にデザイナー集団〈メンフィス〉の一人として活躍したフランス出身アーティスト、ナタリー・ドゥ・パスクエのデザインした生地で作られたクッション。絵柄は西アフリカの民族衣装に使われる幾何学や動植物の柄で構成された生地から着想を得たもの。全3色。500×500㎜。各11,500円(ロング フォー ヘイ/ヘイ ジャパン☎03・6438・9341)

雨天でも穿けるコーデュロイ。

リーバイス®〉からこの秋登場したのは、ウォータープルーフ仕様のコーデュロイパンツ。見た目は、普通のコーデュロイだが、雨や汚れによるダメージを軽減してくれるという機能的なパンツだ。味のあるオリーブグリーンも今シーズンのミリタリートレンドにぴったり。13,000円(リーバイスR/リーバイ・ストラウス ジャパン☎0120・099501)

経年変化が楽しみなバッグ。

生成りのステッチでほんのりアクセントを加えた、端正なデザインのトートバッグ。素材には耐久性に優れたカウハイドレザーを採用。丹念に植物タンニン鞣しが施され、愛用するほど手に馴染み味わいが増していく。ショルダーベルト付き。H38×W34×D12㎝。178,000円(サルヴァトーレフェラガモフェラガモジャパン☎0120・202・170)

初のモンクストラップ。

デザイン性と軽快な履き心地で人気の〈コールハーン〉のルナグランドコレクションから、初のモンクストラップが登場した。全体的にシャープなフォルムで、履き心地のよさはそのままに、ビジネスシーンでのドレスアップにも使える。ブラウンとブラックの2色展開。38,000円(コールハーンコールハーンジャパン☎0120・56・0979)

ヨーロッパの古い家具や雑貨を探したいなら。

蚤の市を散策するように掘り出し物を探す楽しみを満喫できるショップが〈アンティスティック〉だ。目黒区碑文谷の閑静な立地に佇む店内には、フランスベルギードイツイタリアイギリスなどのヨーロッパから買い付けたアンティークやヴィンテージの家具を中心に取り揃えている。工業用に使われていた武骨な琺瑯製のランプやオブジェを飾るのに便利なガラスドーム、アイアン製のアルファベットサインに石膏で作られたリアルな人の顔、古い木製の額縁やハンガーなど、インテリアのアクセントに使いたくなる個性的なアイテムも数多く並ぶ。店内にはリペア作業を行う工房も併設している。●東京都目黒区碑文谷1−3−25 2F☎03・6452・4568。12時〜19時30分。火曜休。

街で注目される足元。

新作シューズ《プラダ ネクスト》。つま先部分のラバーや、メッシュのハイテク素材と、プラダのフォーマルシューズで使用されるブラッシュド・カーフを絶妙なバランスで組み合わせた現代的なスタイル。ボリュームのあるフォルムと、シャープな直線が特徴。全3色。92,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

太編みのリブに注目。

しっかりと目の詰まったウール素材のニット。ラグランスリーブ部分に付いたブルーのラインや、袖、首回り、裾をきゅっと引き締める太めストライプのリブ使いがスポーティかつモダンな雰囲気。シックなダークグリーンのほかに、秋らしいボルドーも展開中。100,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

エレガントな一枚。

体を包み込むような美しい立体感に、〈プラダ〉らしい仕立ての良さが感じられる3つボタンのツイードジャケット。フラップ付きサイドポケットと、肘には同素材でエルボーパッチが付き、端正なフォルムにレトロな遊び心がプラスされている。ボルドーもあり。241,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

今季らしいアクセサリー。

今シーズンの〈プラダ〉のショーで全てのルックに使われていた、キーアイテムといえるタイスカーフ。その中でも唯一カシミヤニット素材で登場したのが、こちらのマルチカラーが鮮やかな一枚。ジャケットやコートスタイルの今年らしい華やかなアクセントに。62,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ)

お洒落になったカメラバッグ。

スクエアなシルエットが今年らしく新鮮で、機能的なカメラバッグ。〈プラダ〉らしいナイロン素材をベースに、カーフのトリミングがポイントだ。シルバーのバックルがまるでアクセサリーのようにきらりと輝く。重厚感のあるオールレザーのタイプもあり。129,000円*予定価格(プラダプラダジャパンカスタマーリレーションズ☎0120・559・914)

photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno

本記事は雑誌BRUTUS783号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は783号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.783
アウトドア大全(2014.08.01発行)

関連記事