ファッション

トッドのお気に入り。

Brutus Best Bets

No. 782(2014.07.15発行)
辛いから。旨いから。

トッドのお気に入り。

トッドスナイダー・タウンハウス〉限定発売の〈グローブ・トロッター〉とのコラボモデル。インナーはオリジナルのNYマップ柄ファブリック。ウェビングストラップは、トッド愛用の腕時計に付けたミリタリーベルトと同配色。21インチ。190,000円(トッドスナイダー×グローブ・トロッタートッドスナイダー・タウンハウス☎03・6418・6076)

クールなクリップオンサングラス。

シンプルなメタルパーツの質感と繊細なラインが上品なボストン型メガネと、専用クリップオンサングラスが登場。クリップオンサングラスは軟らかな形状記憶合金素材を使用しているため半分に畳むことが可能。専用ヌメ革ケース付き。メガネ33,000円、クリップオンサングラス15,000円(アイヴァン 7285/コンティニュエ☎03・3792・8978)

ファン待望の椅子が復刻。

建築家のアルネ・ヤコブセンが1958年にデザインした椅子《ドロップ》が復刻。自身が建築を手がけたコペンハーゲンのラディソン・ブル・ロイヤルホテルのために開発されたもので、水滴のような造形が特徴。座面は写真のプラスチックのほか、布張りと革張りも選べる。36,000円〜(フリッツ・ハンセン/フリッツ・ハンセン日本支社☎03・5778・3100)

ラッピングを考える新ブランド。

贈り物を包むのに使用したい、モダンなデザインのラッピングペーパー。新ブランド〈ハウトゥラップ〉によるオリジナルアイテム第1弾で、白地に黒い格子パターンをオフセット印刷した《グリッド》と、幾何学パターンをシルク印刷した《ジオメトリー》の2種類が揃う。3枚セットで1,200円〜(ハウトゥラップ/エレファント☎03・5411・1202)

アメリカンなチェック。

1869年のアーカイブからピックアップした、ヴィンテージの雰囲気漂う独特のカラーリングが魅力のボタンダウンネルシャツ。カラフルに10タイプのチェック柄がバリエーション豊富に揃った。スリムすぎず、着こなしやすいスタンダードフィットモデル。各25,000円(インディビジュアライズド シャツ/メイデン・カンパニー☎03・5410・9777)

職人のハンドクラフト。

個性豊かなシューズが揃う〈クリスチャン ルブタン〉からハンドクラフトにこだわったクラシックシリーズが誕生。カーフレザーを使ったストレートチップシューズなど、ビジネスでも使える端正なデザイン。インソールや靴底にブランドらしさが表現されている。149,000円(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタンジャパン☎03・6804・2855)

細部のディテールに注目。

襟元と袖口がループ式のボタンになった〈S.E.Hケリー〉を代表するモデル。今季は畝が細いコーデュロイ素材と英国製のホーンボタンを使ったカントリーなムード。ステッチワークでペン収納を設けたパッチポケットなど、便利な仕様も。写真のブラウンのほかにベージュとグレーも展開。39,000円(S.E.Hケリー/マッハ55リミテッド☎03・5784・3555)

送りたくなるレターセット。

イタリアの製紙会社、フェドリゴーニ社の上質なエンボス紙を使った、〈カッシーナ・イクスシー〉のレターセット。それぞれ〈カッシーナ〉で製造する家具が金色のマークで印刷されている。便箋10枚に封筒5枚、赤いリボン付きのメッセージカード5枚のセット。2,200円(カッシーナ・イクスシー/カッシーナ・イクスシー青山本店☎03・5474・9001)

キリムのようなストール。

ザ・ドアーズのボーカリストであったジム・モリソンへのオマージュを込めた今季〈ポール・スミス〉。彼の着こなしや、サイケデリックムーブメントを中心とした時代背景などからインスパイアされ、キリムをイメージした大判サイズのストールが登場。140×140㎝。46,000円*8月発売(ポール・スミス/ポール・スミス リミテッド☎03・3486・1500)

ドングリ柄に注目。

シャツのパンツインスタイルにおすすめしたい、繊細なレザーカービングベルト。ヨーロッパの山岳地方をメインのイメージソースとする今季〈マウンテン リサーチ〉。コレクションを象徴するモチーフの一つ「ドングリ」を、民芸品的な仕立てにした。各37,800円(マウンテン リサーチ/.....リサーチ ジェネラルストア☎03・3463・6376)

今季のアイコンはこの人。

バイカラーのソックスにデッキシューズを履いた、〈バンド オブ アウトサイダーズ〉らしいプレッピーな装いのキャラクターがプリントされたTシャツ。グレーの杢糸で仕上げた生地は肌触りのいいコットン100%。すっきりと着られるやや細身なフィッティングになっている。20,000円(バンド オブ アウトサイダーズサザビーリーグ☎03・5412・1937)

アルミ材からシャボン玉。

工業用のアルミ資材の端材をカットしてハンドルを付けた《シャボンフレーム》。既存の穴の特性を利用しシャボン玉を作るフレームとして製造したものだ。アップサイクルによる製品開発をしているブランド、〈ニューズド〉の新作で、フレームとシャボン液、紙製トレーの3点セットになっている。1,650円(ニューズド☎03・5259・5374)

ゴージャスなスニーカー。

サカイ〉が〈ヴァンズ〉とコラボレーションしたスニーカーを発表。OLD SKOOLをベースに、ライナーに使用したムートンとアッパーのスエード素材がラグジュアリーな一足だ。シューレースレスで履けるようにカスタマイズしたデザイン。ハイカットのSK8−HIもあり。グレーと2色展開。36,000円(サカイ×ヴァンズ/サカイ☎03・6418・5977)

アクティブなシティスタイルに。

オン&オフに、そして急な出張にも使える軽量なリフトパック。耐水性、耐久性に優れている高密度に織り上げた艶のあるナイロン素材。仕事帰りのジムにも使えるようにシューズも入るなど、使いやすいポケットを装備。ほかにネイビーとバーガンディの3色展開。H42×W32×D17㎝。32,000円(ジャック・スペード/ネイビー・ノート☎03・6447・4065)

美しいヘルメット。

スキーやスノーボード用のヘルメット、ゴーグルで知られるスウェーデンの〈POC〉から、ロードバイク向けギアが登場。ヘルメットのほかにジャージー、グローブなどが揃う。流線形が美しい《Tempor》はタイムトライアル用ハイエンドモデル。日本では写真右の軽量モデル《Octal》のみの展開。28,000円(POC/フルマークス☎0120・724・764)

デザインも収納力も抜群。

鮮やかなグリーンのオーガナイザーは、行や出張で役立つアイテム。ストラップによる二つ折りの開閉式で、内側には、大きな収納と、複数のカードホルダー、札入れが搭載されている。貴重品だけを収納してこれ一つでも持ち歩けるデザインも秀逸。H16×W24.5×D4㎝。88,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

意外にも新鮮なコンビニット。

ウールとモヘアのコンビネーションが絶妙なニットは、〈ジョルジオ アルマーニ〉の新作。軽い素材ながらもしっかりとしたダブルブレステッド仕立てで、アウターやジャケット代わりにも着られる。また、ショールカラーの襟は、寒い時には、閉じた状態で着ても様になるデザイン。180,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

秋冬の定番ベルトに仲間入り。

ソフトなカーフレザーを使ったシンプルなベルト。濃いグレーの色合いは、今シーズンの〈ジョルジオ アルマーニ〉のキーカラーの一つ。幅は3㎝とやや細め。オーソドックスなデザインなので、フォーマルなスーツにもカジュアルなコーデュロイのパンツにも幅広く使える。48,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

タッセル&厚底のシューズ。

大きなタッセルは、今季の特徴的なモチーフ。ややワイドなラストは、日本人の足型にも履きやすく定評のある作り。また、今シーズンは、厚みのあるソールを採用し、全体的に存在感を増したデザインとなっている。ラバーソールなので見た目よりもはるかに軽いのもいい。130,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

ショートトリップに最適。

〈ジョルジオ アルマーニ〉が得意とする深みのあるネイビーのバッグは、柔らかいカーフレザーを使用。マチも広くスクエアなシルエットなので収納がしやすい。ファスナーとストラップの二段構えという、開閉口の珍しいディテールにも注目だ。H36×W38×D18㎝。380,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン☎03・6274・7070)

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno

本記事は雑誌BRUTUS782号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は782号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.782
辛いから。旨いから。(2014.07.15発行)

関連記事