八丈島の「島とう醤油」

日本全国、辛旨の味作り。

No. 782(2014.07.15発行)
辛いから。旨いから。
1年以上熟成した《島とう醤油》。青唐辛子の爽やかな香りが、あたりに漂う。
小ぶりで激辛の島唐辛子。沖縄のそれと同じ品種だというが、土壌によって辛さや風味は異なる。
一本一本丁寧に瓶詰め。
ハウス栽培の島唐を前に説明する久保田さん。
生の島唐をワサビ代わりに刺身を食べる。好みで写真のようにつぶしたり、小口切りにしたり。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

島とう醤油
刺身のほか、冷ややっこや炒飯にも合う。サイズは35㎖〜1ℓ。写真は120㎖ 734円。島唐を使った味噌や焼酎漬け、オイルなども。7月〜11月には生唐辛子も限定販売。●八丈島フィッシングクラブ/東京都八丈島八丈町三根765☎04996・2・1929。http://www.8fc.jp

photo/
Tadayuki Aritaka
text/
Ai Sakamoto

本記事は雑誌BRUTUS782号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は782号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.782
辛いから。旨いから。(2014.07.15発行)

関連記事