妙高の「かんずり」

日本全国、辛旨の味作り。

No. 782(2014.07.15発行)
辛いから。旨いから。
大量の唐辛子が使われるため、雪さらしも十数回に分けて行われる。
塩漬けされた唐辛子。地元で栽培された、かんずり用の品種を中心に3種類をブレンドして味に奥行きを持たせている。
熟成中は年に1度だけ、夏前に攪拌して発酵を促す。熟成を均等にするため、樽の移動は随時。
薬味やタレとしてはもちろん、肉や魚に直接塗っても美味。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

かんずり
まろやかな辛味と滋味深い味わいが、国内外で高い人気を誇る。写真は3年熟成タイプ540円(57g)。《吟醸生かんずり6年仕込み》(数量限定販売)や《かんずり酒盗》もオススメ。●かんずり新潟県妙高市西条438−1☎0255・72・3813。http://kanzuri.com

photo/
Tadayuki Aritaka
text/
Ai Sakamoto

本記事は雑誌BRUTUS782号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は782号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.782
辛いから。旨いから。(2014.07.15発行)

関連記事