ムツゴロウの世界は辛くて旨いもので溢れていた。

No. 782(2014.07.15発行)
辛いから。旨いから。
スリランカで象使いに弟子入りしていたムツゴロウさん、1980年代の写真。キングココナッツを割り、ココナッツウォーターを第一汁に、コプラを削って搾って第二汁に、仕上げにそのコプラを用いたカレーは、甘く辛く、とても美味だったという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

畑 正憲

はた・まさのり/1935年生まれ。ムツゴロウの愛称で知られる。東京大学卒業後、記録映画製作会社を経て、無人島に移住。“動物王国”の建国など、独特の活動が愛されている。著書多数。

photo/
Yoichi Nagano
text/
Toshiya Muraoka

本記事は雑誌BRUTUS782号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は782号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.782
辛いから。旨いから。(2014.07.15発行)

関連記事