ライフスタイル

Suzuki Hustler

クルマのある風景

No. 780(2014.06.16発行)
もっとおいしい酒場
撮影/川内倫子

場所を選ばず活躍する、まじめで可愛いマイクロSUV。

ハスラーとは、本来「やり手」とか「活動家」という意味なのですが、メーカーとしては同社の人気オフロードバイク「TS250」(1969年)の愛称から引用したそうです。普段は街乗り、週末には友達や家族と郊外にピクニック。そんな用途にピッタリのクルマです。また、優れた燃費や豊富な収納は、ドル箱モデル「ワゴンR」とほぼ同じ。アプローチアングル(前輪の乗り越え角度)は「ワゴンR」比で+3度、ディパーチャーアングルは+5度追加。ビミョーな差ですが、これだけで悪路の走破性はぐっと向上します。赤外線レーザーを使った衝突軽減ブレーキやESPなどの安全装備も、ベースグレードを除けば標準装備されている点も魅力です。勢いのあるイメージの車名ですが、造りの方はまじめで外観もポップに仕上がっています。可愛らしいルックスの、小さな頼れる相棒です。

外遊びを盛り上げるカーテン&タープキットなど、多彩なオプションも魅力。

エクステリア同様ポップなインテリア。カラーにより、シートのパイピングと化粧パネルのカラーをコーディネート。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

Today's Photographer

Rinko Kawauchi1972年滋賀県生まれ。2002年に『うたたね』『火』で第27回木村伊兵衛写真賞受賞。11年に『Illuminance』を5ヵ国で出版。12年に東京都写真美術館で個展『照度 あめつち 影を見る』を開催。最新刊はテリ・ワイフェンバックとの共著『Gift』。現在、カルティエ財団現代美術館(パリ)での30周年記念展に参加中。「可愛いですよね。見た目以上に室内が広い点も驚きましたし、収納も充実しています。聞けば、この手のクルマは少ないそうなので、狙いも鋭いですよね」

スズキ ハスラー4WDモデルも選べる、マイクロSUV。燃費(JC08モード)は29.2㎞/ℓ。取得税・重量税共に免税(一部のグレードを除く)。税込み1,078,920円~(スズキ☎0120・402・253 http://www.suzuki.co.jp/)。

photo/
Rinko Kawauchi
text/
Kohei Kawakami

本記事は雑誌BRUTUS780号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は780号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.780
もっとおいしい酒場(2014.06.16発行)

関連記事