ファッション

さくっと着られるライトコート。

Brutus Best Bets

No. 779(2014.06.02発行)
喫茶店好き

さくっと着られるライトコート。

ライトウェアとして提案された、〈ハケット ロンドン〉のスプリングコート。シワが気にならない特殊素材で、行などの携帯用にも便利な一着。サイズにはゆとりを持たせているので、ジャケットの上からでも楽に着られる。英国的なカラーであるロイヤルブルーも新鮮。49,000円(ハケット ロンドン/ヴァルカナイズ・ロンドン☎03・5464・5255)

夏にぴったりなコンビ素材。

毎シーズン素材を替えて新鮮なデザインが登場する、フランスの老舗シューズブランド〈ジェイエムウエストン〉と〈トゥモローランド〉の別注モデル。今回はカーフレザーとキャンバス生地のコンビネーション。着こなしに軽さを出してくれる涼しげな仕上がりだ。105,000円(ジェイエムウエストン/トゥモローランド渋谷本店☎03・5774・1711)

焚き火のお供に。

〈マウンテン リサーチ〉のシンボルマークである“Anarcho Mountaineers”のAをかたどったオリジナルの鍋敷き。重厚なスチール製で、がっしりと安定感のある作りが何といっても魅力である。焚き火の中に直接入れて使うことを想定して作ったアイテム。10,000円(マウンテンリサーチ/.....リサーチ ジェネラルストア☎03・3463・6376)

熱い日差しの中で。

リンダ・ファロー〉とコラボレーションした新作サングラス。鼈甲モチーフのフレームで、ヴィンテージを思わせるダブルブリッジが新鮮。丸みのあるシェイプ、クリアなダークブラウンのレンズなど、存在感がありながら掛けやすいデザイン。40,000円(ドリス ヴァン ノッテンBYリンダ ファロー/ドリス ヴァン ノッテン☎03・6820・8104)

光の反射で現れる迷彩柄。

モンクレール〉のウェアに用いられる軽量で耐久性に優れたキルティングナイロンを使用したバックパック。大きなフロントポケットに加え、内側にはガジェットが収納できるスペースを配置。さらにワンタッチで簡単に開閉できるアジャスターを備えた使い勝手のいい仕様だ。75,000円(モンクレールモンクレールジャパン☎03・3486・2110)

暑いビーチでドーナツを。

プールやビーチで遊ぶ時に持っていきたい、ドーナツの形をモチーフにした浮き輪。直径120㎝の大きなサイズで、ガブリとかじり取られた歯の跡がついているのがユニーク。カラフルなアイシングやチョコのトッピングが柄となっていて、レジャー気分を盛り上げてくれる。《DonutFloat》4,500円(スイムスーツ・デパートメント☎03・6804・6288)

F1仕様のアタッシェケース。

英国の貴族、ヘスケス卿が設立したレーシングチームのマスコットキャラクター、ヘスケスベアーが描かれたアルミニウム製アタッシェケース。内側のハーフオーガナイザーの片面は13インチのMacBookが入る大きさ。書類を収納できるポケット付き。《HESKETH アタッシェケース》28,572円(プラネックス コレクション/ル・ガラージュ☎03・3587・2785)

アメカジの定番Tをアレンジ。

〈フィルメランジェ〉の元デザイナー・尾崎雄飛さんが2012年に立ち上げた〈サンカッケー〉。大人を惹き付ける、程よい遊び心が魅力だ。なかでもブランドのフィロソフィを感じる一枚がこちら。Tシャツメーカー〈キャンバー〉の厚手のボディに止水ポケットなどでアレンジが加えられている。14,000円(サンカッケー/▽三角形☎03・6438・9309)

ハットでアクセント。

聖林公司が〈ニューヨーク ハット〉に別注したテニスハット。インパクトのあるカラフルなプリントや、通気性が良い薄手コットン素材で、夏にぴったり。Tシャツ+ショートパンツというシンプルなスタイルも、ハット一つでぐっとお洒落に見せてくれる。MADE in USA。各6,800円(ニューヨーク ハット/ハイ! スタンダード☎03・3464・2109)

生命の源をイメージ。

広大な大地に湧き出る水をイメージした香りが登場した。ビターオレンジのみずみずしさと苦味、そしてウッディノートの温かみを併せ持つ。薄型ボトルの洗練されたデザインもエレガントだ。《テール ドゥ エルメス オー トレ フレッシュ》オードトワレ ナチュラルスプレー125㎖。13,500円(エルメス/エルメスジャポン☎03・3569・3300)

シンプルなボーダースタイル。

ニューヨーク発、2013秋冬よりメンズラインがスタートした〈ラッド バイ デミリー〉。とろりと滑らかな肌触りの良い素材選びが特徴。首回りの縁取りとポケットの青が鮮やかなリンガーTシャツ。細めのボーダー柄ならカジュアルすぎず、シックに着こなせるのでおすすめだ。11,000円(ラッド バイ デミリー/サザビーリーグ☎03・5412・1937)

家具と古着を再構築。

アンティークの家具に古着やハンドメイドのニット、テキスタイルなどを組み合わせて作られた一点ものの椅子。ミラノの中心街、サンタマリアにあるファッションストア〈ウェイト&シー〉のオリジナル家具で、座面には襟がそのまま付いたサイクリングシャツが使われている。《Father & Son》340,000円(トーヨーキッチンスタイル☎03・6438・1040)

旅先に香りを運ぶ。

シャネル〉の《アリュール オム スポーツ オー エクストレム》から、携帯に便利なトラベル スプレイが登場。美しいメタリックケースで、コンパクトなサイズが特徴だ。ムスクウッディなどをバランス良く配合したスポーティな香りで、詰め替え用のリフィル2本付き。10,000円(シャネルシャネルカスタマー・ケア・センター☎0120・525・519)

“旅”で役立つアイテムが揃う、〈吉田カバン〉の新店舗。

観光客やビジネスマンを中心に多くの人が行き交うJR品川駅構内に〈吉田カバン〉の新店舗〈ポーター スタンド〉がオープン。荷物の預かり所をイメージしたラックやカウンターが設置された、“”を連想させる店内。タンカーシリーズなどのお馴染みのバッグから衣類用ポーチやステーショナリーといった雑貨まで揃う充実したラインナップが魅力だ。なかには〈猿田彦珈琲〉とコラボしたドリップパック(5個セット)など、ここでしか手に入らない限定アイテムも多数展開。出張や行の準備にうってつけのショップだ。●ポーター スタンド/東京都港区高輪3−26−27 JR品川駅 エキュート品川 サウス内☎03・6408・9173。8時〜22時(日・祝〜21時)。不定休。

胸ポケットにワンポイント。

〈バーニーズ ニューヨーク〉のエクスクルーシブシリーズに〈サカイ〉との別注アイテムが登場。今回のモデルは、ベーシックなTシャツの胸ポケットにシルバーのスタッズを施したもの。写真のネイビーのほか、黒、グレー、イエロー、ホワイトの5色で展開している。12,000円(サカイ/バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター☎0120・137・007)

ベースボールシーズンが開幕。

コーチ〉から新しく“ヘリテージベースボール”コレクションが登場。ボールの縫い目をモチーフにしたステッチが特徴のウォレットには、ベースボールタグが付く。右/コイン ウォレット H11×W10㎝ 28,000円、左/ラージ ハーフ ジップウォレット H10×W20㎝ 40,000円(コーチコーチカスタマーサービス・ジャパン☎0120・556・936)

光る言葉で時刻を表示。

ドイツのブランド、〈Qlocktwo〉の腕時計はフェイスに並んだ110字のアルファベットが発光し、言葉となって時を知らせるというもの。側面のボタンを押すと時刻、カレンダー、日付、秒数の順に表示を変更していける。本体フレームには高品質なステンレススチールを採用。《Qlocktwo W》各78,095円(Design4 JAPAN http://www.design4japan.net)

大人の花柄ショーツ。

小さなドットが集まった、懐かしい柄プリントのショーツ。チェーンステッチのイメージが強い〈ポストオーバーオールズ〉だが、あえてチェーンステッチは使わず軽い仕上がりを目指した。フロントポケット&バックポケットの内側はカラフルな別布を使用し“穿く瞬間”も楽しめる。28,800円(ポストオーバーオールズ☎03・3406・6606)

定番モデルの別注が登場。

130年以上の歴史を持つ英国王室御用達シューズブランド、〈ローク〉の別注モデルが〈メイデン・カンパニー〉からリリース。代表的な定番モデルのタッセルローファーをスムーズレザーとスエードのコンビで仕上げ、ソールには、クッション性を高めた、ヒートシールドソールを用いている。42,000円(ローク/メイデン・カンパニー☎03・5410・9777)

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Masato Kawai, Shigeo Kanno

本記事は雑誌BRUTUS779号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は779号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.779
喫茶店好き(2014.06.02発行)

関連記事