ファッション

今季のテーマはタフガイ。

Brutus Best Bets

No. 778(2014.05.15発行)
親と子

今季のテーマはタフガイ。

フェンディ〉の春夏は、砂漠などの過酷な環境で活躍する、タフな男性がテーマ。ターメリックカラーのコートは、形はピーコートだが、短い着丈と一枚仕立てが特徴なので、ジャケット代わりにも着られる。素材は、ワークウェアなどに使われる丈夫なコットンダック生地を使用。136,000円(フェンディフェンディジャパン☎03・5414・6762)

夏のコットンニット。

ゆったりとしたシルエットの、シンプルなローゲージコットンニット。すっきりとシックなネイビーは、ホワイトデニムと合わせてマリンテイストな着こなしもおすすめだ。ワッフル素材のサーマルTシャツのように、気持ち良くカジュアルに着こなせる一枚。34,000円(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ☎03・6418・9923)

オール形のブレスレット。

昨年に続き〈ブルックスブラザーズ〉から登場した、アクセサリーブランド〈キール ジェームス パトリック〉との別注ブレスレット。ボートを漕ぐオールをイメージソースに、色褪せたボーダー柄のレザーとシルバーで仕上げたアンティーク風のデザイン。各8,500円(ブルックスブラザーズブルックスブラザーズジャパン☎03・3403・4990)

爽やかな白い足元。

パリ在住の女性デザイナー、マリオンによるビーガンシューズブランドから真っ白なローファーが到着。レザーなど動物性マテリアルを一切使用せず、人工皮革で作るというのがブランドコンセプト。履き心地にもこだわった軽やかな一足。23,800円(グッド ガイズ/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店☎03・5428・1893)

一緒に出かけたいチェア。

フィンランドの〈ecofurn〉の木製チェアは間伐材で作られている。穴の開いた角材に紐を通して成形されていて、簡単に折り畳みが可能。屋内はもちろん、庭やピクニックに持ち出して屋外での使用もできる。カラーは写真のナチュラルのほかにブラックとホワイトも揃う。専用クッション付き。44,900円(ゼロファーストデザイン☎03・5489・6101)

モダンにアップデート。

スエードとメッシュ素材のコンビになった、〈アディダス オリジナルス〉のランニングシューズ《ZX500》。ネイビーと白のツートーンの軽快なカラーリングに加え、足に馴染みやすいレザーのインソールを採用した、〈エディフィス〉だけの特別仕様だ。13,000円(アディダス オリジナルス フォー エディフィス/エディフィス 東京☎03・3400・2931)

リメイク的なかっこよさ。

Tシャツを中心に展開するブランド、〈TANGTANG〉よりポップなベースボールTが登場。クラシックな“BOSTON”の文字と、それを覆うように縫い付けられたポケット。また洗いのかかった風合いや中肉のコットン生地も魅力だ。プリントの文字は、TEXASやBROOKLYNなどもあり。8,500円(TANGTANG/ネペンテス☎03・3400・7227)

老舗のステーショナリー。

アメリカの公的機関御用達のステーショナリーブランド、〈サンダース〉。なかでも、アメリカ映画のオフィスのワンシーンでも登場するアルミ製の書類フォルダーは、ブランドを代表するアイテムだ。すべてアメリカ製で、1947年の創業当時とほぼ変わらない重厚感あるデザインもいい。A4サイズ。5,500円(サンダース/プライムピース☎03・3402・8620)

アーティストのシャツ。

“南フランスに滞在するアーティスト”がテーマの〈カルヴェン〉。絵具で手描きしたような、味のあるチェック柄プリントのシャツが登場。ブルーは、南フランスの海や空の青をイメージしている。大きめの襟とゆったりとしたボックスシルエット。薄く柔らかなコットンボイル素材を使用している。33,000円(カルヴェン/TFC☎03・5770・4512)

夏のアイウェアはポップに。

2014年春夏の〈バーバリー〉のメンズランウェイで注目されたアイウェア。《BURBERRY WAVE》と名づけられたサングラスは、カラフルでスクエアなフォルムが特徴だ。カラーリングのイメージは、イギリスの画家、デイヴィッド・ホックニーの作品から影響を受けている。26,000円(バーバリーバーバリー・インターナショナル☎0066・33・812819)

カラフルなスツール。

5月30日〜6月8日の期間で、〈ミナ yルホネン〉デザイナー皆川明がデザインし、桜製作所が製作したスツールが展示され、受注販売を始める。カラフルな座面は、新開発した耐久性のあるモールスキンのダブルフェイス生地を使用。スタッキング可能なタイプもあり。5色展開。各48,500円(ミナ yルホネン/桜ショップ 竝タ店☎03・3547・8118)

春の新色を持ち歩く。

NYでエプロンとバッグを中心に展開する〈スタンレー&サンズ〉より、定番トートの春夏らしいカラーが登場。大きめのサイズで味のあるキャンバス生地は、長く使えること間違いなし。写真のグリーンのほか、ネイビー、ライトグレー、オフホワイトの4色展開。H37.5×W58.5×D17㎝。26,800円(スタンレー&サンズ/ビショップ☎03・6427・3710)

フレンチ気分なアロハシャツ。

フランスの街並みのイラストをプリントした、マリンスタイルに取り入れたい〈ポータークラシック〉のアロハシャツ。丈が短いすっきりとしたシルエットで、スリムなデニムとの相性もいい。レーヨン100%ならではの軽さと、一枚で着ても気持ちいい滑らかな肌触りもポイント。26,500円(ポータークラシックポータークラシック銀座☎03・5512・0150)

世界初の3Dプリントペン。

ペンで絵を描くように立体作品が作れる3Dプリントペン。専用のプラスチックフィラメントを本体に差し込み電源を入れると、ペン先から溶けた樹脂が押し出されて固まっていく仕組みだ。平面の部品を複数作って組み合わせることもできる。豊富な色数が揃うフィラメントが50本付属。《3Doodler》16,000円(MoMAデザインストア☎03・5468・5801)

肌に優しいアンダーウェア。

〈ヤエカ〉から初のアンダーウェアがリリースされた。清潔感のあるシンプルなトランクスタイプのデザインで、肌触りの心地よい柔らかな薄手コットン素材。ウエストゴムは細めで体を締め付けすぎないのもポイントだ。ホワイトとネイビーのほかにブルーもあり、3色展開。各5,000円(ヤエカ/ヤエカ アパートメント ストア☎03・5708・5586)

ラグジュアリーなスカーフ。

カシミヤよりもさらに繊細で、肌触りが良いことで知られる最高級のパシュミナ100%のスカーフ。ロサンゼルスにある自社工房で紡糸、染色した一枚。ナチュラルで温かみのある模様に、鮮やかなカラーリングが映える。気負わず、使いやすいサイズの20×20㎝。29,400円(ジ エルダー ステイツマン/エドストローム オフィス☎03・6427・5901)

ネイビー×白が復刻!

この春、〈アダム エ ロペ〉が〈アニエスベー〉のアーカイブで展開したカラーを復刻。第1弾の長袖Tシャツに続き登場したボーダー柄の半袖Tシャツ。過去に使用されたブランドロゴをネームタグに用いるなど、細部までスペシャルな仕様も見逃せない。全5色展開。11,500円(アニエスベー×アダム エ ロペ/アダム エ ロペ☎0120・298・133)

差し色にぴったりな半袖ニット。

前季から始まった〈ケイスリー ヘイフォード〉と〈トゥモローランド〉のコラボ企画の第2弾。注目は、デザインから起こした、渋谷本店でしか買えないバイカラーのニット。一枚でシンプルに合わせても印象的なスタイルに仕上げてくれる。各23,100円(ケイスリー ヘイフォード×トゥモローランドトゥモローランド渋谷本店☎03・5774・1711)

デザイナーの自作ミラー。

ブルックリンを拠点にするデザインデュオ、〈CHIAOZZA〉の棚としても使えるミラー。鮮やかに色付けされた三角のフレームは木製で、壁掛けと置き型の2通りで使うことができる。デザイナー自身が製作を行っているもので10点だけの販売となる。《A−Frame Miror "Canary and Grey"》H390×W405×D75㎜。35,000円(black&white☎045・228・8430)

シンプルで使いやすいケトル。

アウトドア用品メーカー、〈スノーピーク〉から発売となったキャンプ時に重宝するステンレス製ケトル。大きなハンドルはグローブをしたままでも持ちやすく設計されていて、注ぎ口には灰の混入を防ぐロック機能付き。シンプルな造形で家庭での普段使いでも申し分ない。容量は1.8ℓ。《クラシックケトル1.8》9,500円(スノーピーク☎0256・46・5858)

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata
edit/
Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事