人生

両親の仕事している姿がそばにある、「書く」ことが自然な環境で育つ。|小林エリカ

ぼくの、わたしの、こう育てられた。

No. 778(2014.05.15発行)
親と子
webで連載中の『光の子ども2』の原稿を執筆する小林さん。「書く」こと「描く」ことは、日々の生活に染みついているようだ。
父の故・小林司さんと1歳のエリカさん。自宅のキッチンにて。中学生くらいの時には、すでにワープロで原稿を書いていたという。(1979)

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

小林エリカ

●作家、マンガ家
●こばやし・えりか/1978年東京都生まれ。作家、マンガ家。 著書は小説にアンネ・フランクと実父の日記をめぐる『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)、コミックは“放射能”をモチーフにした『光の子ども1』(リトルモア)など。作品集『忘れられないの』(青土社)。

photo/
Katsumi Omori, Patrick Tsai, Shota Matsumoto, Tomo Ishiwatari, Takehiro Goto
text/
Keiko Kamijo, Asuka Ochi, Toshiya Muraoka, Sawako Akune

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事