ライフスタイル

家とお店が一体化したスーパーで、包装台がもの作りの場所。|鈴木康広

ぼくの、わたしの、こう育てられた。

No. 778(2014.05.15発行)
親と子
東京大学の研究室にて。作品を作る時には、スケッチをしたり手を動かしながら考える、その手法は小さな頃から変わっていない。
母と2つ上の姉(右)と鈴木さん(左)。お母さんはノートに描いたアニメや漫画のキャラクターを見ていつも褒めてくれたという。(1982)

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

鈴木康広

●アーティスト
●すずき・やすひろ/1979年静岡県生まれ。代表作に「まばたきの葉」「ファスナーの船」など。作品集に『まばたきとはばたき』(青幻舎)がある。今夏に水戸芸術館にて個展、金沢21世紀美術館でプロジェクト展示を予定している。武蔵野美術大学専任講師。

photo/
Katsumi Omori, Patrick Tsai, Shota Matsumoto, Tomo Ishiwatari, Takehiro Goto
text/
Keiko Kamijo, Asuka Ochi, Toshiya Muraoka, Sawako Akune

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事