人生

ファッションが大好きだった母と、呉服屋の父から学んだこと。|阿部潤一

ぼくの、わたしの、こう育てられた。

No. 778(2014.05.15発行)
親と子
6月末にパリで発表する2015年春夏コレクションの製作が進行中のアトリエ。パリコレクションには、12年より参加している。
小学生の時、自宅の庭で遊ぶ阿部さん。「当時は誰もが将来は呉服屋を継ぐと思っていたので、とにかく“普通に”育てられました」(1972)

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

阿部潤一

kolorデザイナー
●あべ・じゅんいち/1965年山形県生まれ。文化服装学院アパレルデザイン科卒業。いくつかのアパレルを経て、2004年に〈kolor〉を
設立。12年秋冬よりパリ・メンズコレクションに参加。12年度毎日ファッション大賞受賞。13年春夏より、〈kolor BEACON〉スタート。

photo/
Katsumi Omori, Patrick Tsai, Shota Matsumoto, Tomo Ishiwatari, Takehiro Goto
text/
Keiko Kamijo, Asuka Ochi, Toshiya Muraoka, Sawako Akune

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事