ライフスタイル

本物に触れさせて、ものを見る目を養う。|鈴木修司

わたしの子育てルール。

No. 778(2014.05.15発行)
親と子
子どもの文具類やおもちゃは、日本の民芸ものやラトビア製のカゴを多用し、収納している。本物を日常的に身の回りに置くことで、自然と触れる機会を作りたいという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

鈴木修司

●〈ビーミング ライフストア BYビームス〉バイヤー
●すずき・しゅうじ/1976年生まれ。98年〈ビームス〉入社。店舗スタッフ、〈フェニカ〉MDを経て、現在〈ビーミングライフストア〉の生活雑貨のバイヤーとして従事。

photo/
Tomoyo Yamazaki, Mariko Tosa, Yasuma Miura, Koh Akazawa, Shimpei Suzuki
text/
Chizuru Atsuta, Yasuko Mamiya, Maiko Iida, Katsumi Watanabe, Shun Inoue, Miki Miyahara
illustration/
Joe Okada

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事