ファッション

取り扱いアイテムも空間も。その先の未来を予感させるショップがオープン!

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 778(2014.05.15発行)
親と子
ショップのグラフィックデザインを担当した田部井美奈さん。「クリーンな印象のショップや商品に対して、素朴さや隙があって親しみを感じてもらえるようなデザインを心がけました」。
ショップのロゴマーク。
スマイルズ代表の遠山正道さん。
ビームスの青野賢一さん。
ユトレヒトの江口宏志さん。
Glyph.の柳本浩市さん。
ウェルカム代表の横川正紀さん。
ストリーマーコーヒーカンパニーの澤田洋史さん。
●ハイパーマーケット/東京都渋谷区神宮前6-5-6☎03・5766・8630。10時~20時。無休。

 原宿明治通り沿いにハイパーマーケットがオープン! こちらはスマートフォンやタブレットアクセサリー、その周辺グッズを集めたコンセプトショップで、家電量販店や大型雑貨店にある同様のコーナーとは一線を画した店作りで注目を集めています。
 オープン前夜に行われたお披露目パーティには、プレスやデザイン関係者を中心に、多くのゲストが詰めかけました。
 数々のショップが並ぶ通りの中でも際立つ、清潔感のある白い外観。柔らかなダウンライトの明かりに包まれた店内は、古材とステンレスを組み合わせた空間構成で、SF映画に出てくる遠い惑星の市場のよう。内装を担当した建築家・谷尻誠さん率いるSUPPOSE DESIGN OFFICEの手腕が光ります。
 商品が「ビジネス&トラベル」や「スポーツ&ヘルス」「ミュージック」などライフスタイルシーン別に並べられているのも特徴の一つ。ウェルカムとともにショップのディレクションを担当したのはGlyph.の柳本浩市さんです。
「デジタルの世界観と人々のライフスタイルをうまくつないでいくショップになれたらいいですね。今後は未来を先取りするような最新アイテムも扱っていき、これまでにない新たなライフスタイルを発信できたらと思います」(柳本)

奥行きのある空間にデジタルガジェットがズラリと並んでいる。

HYPER MARKET OPENING PARTY

Title ハイパーマーケット オープニングパーティ
Date 2014年4月18日㈮
Time 18時~21時
Place ハイパーマーケット
Attendance 約350名

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Shinichiro Fujita
text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS778号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は778号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.778
親と子(2014.05.15発行)

関連記事