テーマ〈右寄り〉

平常心ブラザーズの平常心を失くす日。

No. 776(2014.04.15発行)
一世一代の旅、その先の絶景へ
宮沢章夫
やついいちろう
宮沢 この間の〈エレ片〉のコントで、『右寄りの思想の人形劇』っていうのをやってたよね。そういうフリで始まるけど、ただ人形劇の舞台で、右に寄ってやっているだけ(笑)。
やつい どんどん過剰になって敬礼したり、足を上げたりするようになるんですけど、途中から次第に真ん中にいるっていう。
宮沢 右寄りであること忘れちゃったの?(笑)
やつい はい(笑)。
宮沢 真面目な話、かつての国粋主義者っているじゃない? 天皇が絶対だっていう。でも今の政権を見ているとなんか違う。今上天皇はある意味、リベラルな人だから、戦争にも憲法改正にも反対だよ。でも、今の保守は関係ない。だから右寄りって簡単に言っちゃうけど、今の政権はそれともまた違うような。かつての右寄りとはまた違う。
やつい 名前が保守なのに、戦争をしたがってるように見えるってすごく変な話ですよね。
宮沢 保守なんだからじっとしていればいいと(笑)。日本全国ひきこもりか。
やつい もうスケベなことで勝てると思うんですよ。この間、AV監督のカンパニー松尾さんに教えてもらったんですが、日本のエロは完全にアジアを支配していると。とんでもない広さを支配しているって。昔は、中国の女性たちは行為の最中に一言も声を出さなかったらしいんですよ。今は日本のAVをみんな見ているから、声を出すようになったって。これは、もう革命ですよ。
宮沢 それ本当に? 絶対?
やつい カンパニーさんはそう言ってましたけれども(笑)。
宮沢 子供の頃に向こうの映画で濡れ場を見た気がするけどなあ。あれは声を出していなかったか。
やつい 恋人同士ではあったかもしれないですけれど、いわゆるそういうサービスのお店だとかそういう方法で知り合った子でも「アン」と言うようになったらしいんです。「アン、アン」と。
宮沢 声を出した方がいいと思うようになったのか。正しいと。啓蒙活動だ。
やつい 日本も同じですけれども、かつてはいわゆる“洋ピン”を見ていたらしいんですけど、今は日本のAVだけで、欧米のものは見ないらしいです。
宮沢 それはもう、右寄りだね。戦前のアジア支配、八紘一宇みたいなものだ(笑)。(続く)

宮沢章夫/遊園地再生事業団主宰。『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』など多数。

やついいちろう/エレキコミック第23回発表会『RightRightRightRight』が5月21日〜。

本記事は雑誌BRUTUS776号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は776号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.776
一世一代の旅、その先の絶景へ(2014.04.15発行)

関連記事