「安くもない高くもない、妥当でもない」

戌井昭人『沓が行く。』

No. 776(2014.04.15発行)
一世一代の旅、その先の絶景へ

 わたしは300円で売られています。はたして300円の価値があるのか? それは、わたしにもわかりません。たしかに、人に言えないようなモノをこれまでに掻いてきました。汚いもの、法律にふれるもの、死んだもの、いろいろと掻いてきました。そして何回も折られそうになったことがあります。仲間の耳かきは全部折られてしまいました。わたしはピンクのカゴをねぐらに、もう、長いこと夢なんて見ていません。

いぬい・あきと/〈鉄割アルバトロスケット〉主宰。劇作家、小説家。『すっぽん心中』(新潮社)など。4月16日〜ザ・スズナリにて鉄割公演。

本記事は雑誌BRUTUS776号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は776号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.776
一世一代の旅、その先の絶景へ(2014.04.15発行)

関連記事