アート

日常の記録写真が膨らませるものは何か。|森 栄喜

BRUTUSCOPE(KEY PERSON)

No. 776(2014.04.15発行)
一世一代の旅、その先の絶景へ

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む

プロフィール Profile

森 栄喜
EIKI MORI

1976年石川県生まれ。パーソンズ美術大学写真学科卒業。著書に『Crows and Pearls』『TOKYO boy alone』がある。2013年に写真を通して同性婚を訴えるプロジェクト「Wedding Politics」を始動。最新作『intimacy』(ナナロク社)で第39回木村伊兵衛写真賞受賞。〜4月24日、コニカミノルタプラザ(東京都新宿区新宿3−26−11 新宿高野ビル4F☎03・3225・5001)で写真展開催中。

本記事は雑誌BRUTUS776号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は776号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.776
一世一代の旅、その先の絶景へ(2014.04.15発行)

関連記事