Bus Bar.de

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 776(2014.04.15発行)
一世一代の旅、その先の絶景へ
この日はオーナーのクリスチャンが友達を招いてのプライベートパーティ。住んでいる街も違って見えるそう。
バスはレストランの前に横付け。1軒目、前菜は仔牛のツナソース。
2軒目、温かいメインのパスタ。
ドライバー兼DJのペーター。
最後はデザートと締めのエスプレッソ。
希望で観光地も巡る。

アメリカのスクールバスで移動パーティとディナーホッピング!

 ある日、寒空のミュンヘンの街中で、お馴染みの黄色いアメリカのスクールバスを発見。中ではキャッキャ騒ぎながら楽しそうに飲んでいる集団が。そして、そのバスは数分後には走り去っていった。
 このバス、実は貸し切りで市内をクルーズできるシステム。現在はドイツ全土で展開しており、前菜、メイン、デザートをそれぞれ違ったレストラン前で楽しめるディナーホッピングが売りだ。
 オーナーのクリスチャン・フラグナーさんとお兄さんのペーターさんはお父さんが自動車教習所を運営していたことから、物心ついた頃から大の車好き。アメリカに行った際にアメリカの大型トラックに魅了され、1995年に購入。トラックでイベントなど企画していたが、その後、2005年にスクールバスを買い、インテリアをパーティ仕様に改造。貸しバスのビジネスをスタートさせた。以来、問い合わせは増え続け、大忙しに。今では専用冷蔵庫、カラオケや液晶スクリーン、ゆったりシートなど設備もさらに充実。ハリウッドと呼ばれる豪華車もあり、誕生日や結婚のお祝い事などでも幅広く利用されている。車の国ドイツアメ車は非日常。とても目立つ存在なのだ。
 バスでのパーティは個室のようだが、観光地を巡る楽しさもある。見えてくる景色の変化で話題も尽きない。こんなサービスが東京にあったら、利用したい人が殺到するのでは?

このシステムの魅力は?

1 まさに、街中を走る、パーティルーム!
2 アメリカのスクールバスに乗れる!
3 コース料理を別々のレストランで堪能。

カテゴリの記事をもっと読む

ブス・バー・ドット・デーエー

Mu"nchen

現在、ドイツ7都市で展開中。10人から32人乗りまで。料金は1台30分60〜125ユーロで30分ごとに30ユーロ加算(+深夜割り増し)。ディナーは応相談。http://www.bus-bar.de/

本記事は雑誌BRUTUS776号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は776号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.776
一世一代の旅、その先の絶景へ(2014.04.15発行)

関連記事