旅と地域

Cafe RUSSIA

No. 775(2014.04.01発行)
東京で見る、買う、食べる、101のこと。
代表的な牛肉のスープ、ハルチョー900円は、コリアンダーが効いている。
パン生地にバターを練り込み、チーズを包んで焼くハチャプリ1,000円。
鶏肉にスパイシーなクルミソースがかかる冷製の、サツヴィ700円。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

Cafe RUSSIA
[吉祥寺]
●カフェ ロシア/武蔵野市吉祥寺本町1−4−10 B1☎0422・23・3200。11時30分~22時LO(ランチ~17時)。無休。グルジアワインはグラス680円~。干し肉バストゥルマ500円。

photo/
Naoki Tani
text/
Yuko Saito

本記事は雑誌BRUTUS775号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は775号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.775
東京で見る、買う、食べる、101のこと。(2014.04.01発行)

関連記事