旅と地域

忌野清志郎の愛した店。

No. 775(2014.04.01発行)
東京で見る、買う、食べる、101のこと。
目の前の鉄板で香ばしく焼き上がったベーコンじゃがバターは700円。
清志郎が着用していたサイクルウェア。真ん中にサインが入っている。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

ごきらく亭 [代々木上原]

渋谷区上原1−32−18 小林ビル1F☎03・3460・5989。18時~翌2時(土・日・祝17時~)。年末年始休。清志郎が愛したスタミナ天は1,080円、名物のたこ焼きは780円。

photo/
Ittetsu Matsuoka
text/
Yusuke Osawa
illustration/
Hattaro Shinano

本記事は雑誌BRUTUS775号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は775号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.775
東京で見る、買う、食べる、101のこと。(2014.04.01発行)

関連記事