旅と地域

手塚治虫の愛した店。

No. 775(2014.04.01発行)
東京で見る、買う、食べる、101のこと。
焼きそばに先生が好物だった八宝菜をのせたのが、そもそもの始まり。
環境に良い行いで、手塚プロが発行するアトム柄の地域通貨が貰える。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

一番飯店 本店 [高田馬場]

新宿区高田馬場4−28−18☎03・3368・7215。11時30分~22時30分。水曜休。特製上海焼きそば1,380円のほか、野菜たっぷりで旨味ある塩味スープのタンメン680円も長く愛される一品。

photo/
Ittetsu Matsuoka
text/
Yusuke Osawa
illustration/
Hattaro Shinano

本記事は雑誌BRUTUS775号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は775号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.775
東京で見る、買う、食べる、101のこと。(2014.04.01発行)

関連記事