ファッション

着る服と、作る服と。|宮下貴裕

あの人のルール。

No. 774(2014.03.15発行)
勝手に着やがれ
宮下さん私物の、年代もブランドもバラバラな青いネルシャツたち。“プリントネル”で“青”というほかは共通項のない、いわゆるどこにでもある古着。コレクターには価値はなくても、風合い、色味を気にかける者には極上のコレクション。着丈の長いものはカットし自分の着こなしに寄せている。
ソロイストの今季もの。ミッドナイトブルーとブロックチェックのアイテム群。風合いや色味のこだわりに、古着選びと同じ目線を感じることができるのが興味深い。
全部同じ柄のミッキーマウスTと、ジャックパーセルも本人私物。青が多いミッキーTは10代の頃から集めているもの。微妙に違うトリムの色や図版、毎日同じ格好をしても違って見えることにもこだわりがある。コンバースは無条件で愛する稀有な存在のブランド。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

宮下貴裕

1973年東京都生まれ。96年NUMBER(N)INEを立ち上げ、2009年に脱退。その後10年タカヒロミヤシタザソロイスト.を発表。今シーズンは"I me me mine."がテーマ。「ネイビー」に特化し、自分自身をサンプリングしたと語るコレクションを発表。

photo/
Yasuyuki Takaki
text/
Kunichi Nomura
edit/
Naoko Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS774号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は774号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.774
勝手に着やがれ(2014.03.15発行)

関連記事