ライフスタイル

上司への媚は必要?

箭内道彦、エリイ、大根 仁「おなやみ相談室」

No. 773(2014.03.01発行)
なにしろラジオ好きなもので②

上司に媚を売って気に入られる方が、いい仕事をするよりわかりやすく認められる世の中。仕事に愛嬌も大事かもしれないけれど、僕はそんなふうに気持ちの悪いおべっかを使うことができません。社内のみならず、今やFacebookTwitterでも繰り広げられる媚売り合戦。会社は続けたいけど、理不尽で発狂寸前です。(会社員/39歳/男)

箭内
媚と思ううちは仕事が何なのかをわかっていないような気がします。気を使うとか、楽しく仕事をするというのは、いい仕事のための一つの要素。百歩譲って媚が横行しているとしても、愛嬌だと思って、お互い気持ちよく仕事をした方がいいと思いますね。上司でも部下でも誰でも、笑顔で挨拶をされたら嬉しいし、リアクションされなければ悲しい。すべての人がムードメーカーだったら社会はもっと生産性が上がるはずです。何かを託されたら、「お安いご用で!」「It's my pleasure.」
って返すくらいでいたいものです。

エリイ
エリは会社に勤めたことがないから、そういうのはわかりません。好きな人としか話さないし、仕事もしません。仮に嫌いな人と会っても、酔っぱらっている時を除いて一言も話しません。でも、いつも思っているのが全員の幸せです。例えば媚を売らずとも、冷たい態度をとって些細に誰かを傷つけるのは社会の足を引っ張っています。明るく前向きに感謝の気持ちで普通に人と接していくと、相手も温かい気持ちになって一日を楽しく過ごせたりします。みんなそんなに馬鹿な人たちばっかりじゃないと思います。知らないけど。

大根
上司は上司で「最近の部下は無愛想でこっちが気を使ってやらないと」って思っているでしょうね。仕事イコール人付き合いな部分もあるのである程度の嘘や処世術は必要ですよ。オレだって年下のスタッフに言いたくもないおべっかを使うことがありますからね。でもそれで良い形で仕事にはね返ってくるならいいじゃないですか。「相手に媚を売る」のではなく「相手を乗せてあげる」と考えればできるんじゃないですかね? それにしてもこんなことで発狂寸前とはお気の毒です。まずはストレス発散の仕方を探してください。

お悩み募集/nayamibrutus@magazine.co.jpへ。匿名でも!

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

箭内道彦クリエイティブディレクター。4月25日表参道ヒルズで『箭内道彦〜月刊 風とロック展』。

エリイ/Chim↑Pomのミューズ。作品集『We Don't Know God: Chim↑Pom 2005-2019』が発売。

大根 仁/映像ディレクター。最新作は映画『恋の渦』。4月〜ドラマ『リバースエッジ 大川端探偵社』がOA。

illustration/
sigo_kun

本記事は雑誌BRUTUS773号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は773号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.773
なにしろラジオ好きなもので②(2014.03.01発行)

関連記事