喰善あべ/かず総

グルマン温故知新

No. 771(2014.02.01発行)
コレクター

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

喰善あべ
銀座
デートでも接待でも。
日本人なら心和みます。
夜、飲んで食べて、
1人15,000円前後。
03・3572・4855

●東京都中央区銀座5−6−10ミヤコビル4F。11時30分~13時30分LO、18時~21時LO。日曜休。交通:東京メトロ銀座線ほか銀座駅A1出口からすずらん通りに入り、みゆき通り手前角。徒歩3分。昨年11月オープン。厨房をL字に囲む漆塗りのカウンターは11席。厨房の真ん中には、登り窯に使う耐火煉瓦で作ったおくどさん=かまど。滋賀県彦根・再興湖東焼の中川一志郎さん作の釜が並び、横には炭火の焼き台がある。料理は、昼3,150円、5,250円、10,500円。夜10,500円のおまかせで、内容は、八寸、白味噌のお椀、お造り、煮物椀、焼き物、強肴、食事、水菓子。飲み物は日本酒を主体に生ビール、焼酎など。

かず総
●勝どき
隠れ家好きの、
彼女とのデートに。
夜、飲んで食べて、
1人8,000円前後。
03・5547・4372

●東京都中央区勝どき4−1−2シャンボール勝どき102。11時30分~14時LO、18時~21時30分LO。月曜休。交通:都営大江戸線勝どき駅A3出口を出て、清澄通り沿いのファミリーマートの角を左折。1つ目の路地を右折してすぐ。徒歩3分。昨年9月オープン。潔いほどすっきりとした内装で、カウンター7席と半個室あり。昼1,575円、3,675円。1,575円は鯛茶だが、小鉢、お造り、野菜の炊き物が付くCPの高さ。夜は、6,825円のおまかせコース(前日までに要予約)と単品料理。コースの内容は、先附、お椀、お造り、八寸、焼き物、炊き合わせ、食事、お菓子、薄茶。飲み物は日本酒を主体に、国産の白ワインも数種。

photo/
Naoki Tani
text/
齋藤優子

本記事は雑誌BRUTUS771号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は771号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.771
コレクター(2014.02.01発行)

関連記事