文化は、モノを捨てないことから生まれた。|立花 隆

No. 771(2014.02.01発行)
コレクター
小石川の“ネコビル”から徒歩10分ほどの場所にある“三丁目書庫”にて、自らの「唯一のコレクション」であるのページをめくる立花隆さん。その本はほかの蔵書と同様に山積みの本の中から取り出された。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

立花 隆

1940年長崎県生まれ。評論家、ジャーナリスト。74年『田中角栄研究』で文藝春秋読者賞、83年第31回菊池寛賞受賞。新刊に『読書脳』(文藝春秋)、『自分史の書き方』(講談社)がある。東京大学大学院情報学環特任教授。

photo/
Taro Hirano
text/
Naoko Yoshida

本記事は雑誌BRUTUS771号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は771号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.771
コレクター(2014.02.01発行)

関連記事