ライフスタイル

平 勝久・瑞穂/STUDIO PREPA

ガラスで日用品を作ることは。

No. 770(2014.01.11発行)
続・尊敬できる日用品
グラスの底に、結露を防ぐ突起をつける。
道具はムラノ島の鍛冶職人に作ってもらったものも。「最近職人が減ってしまったのでスペアも作ってある。僕の一生分です」。
1人が吹いて1人が成形。二人三脚の宙吹き。
木の型を添えて形を整える。
色ガラスの材料はドイツやニュージーランド製。
〈ランドスケーププロダクツ〉とのコラボ。
南信州に立つ工房。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

平 勝久・瑞穂

Katsuhisa Hira, Mizuho Hira

1972年愛知県生まれ(勝久)、1973年東京都生まれ(瑞穂)。99年に吹きガラス工房〈STUDIO PREPA〉を設立。取り扱いは、〈プレイマウンテン〉〈かぐれ〉〈東屋〉〈ロンハーマン〉など。http://prepa.jp/

photo/
Toru Kometani
text/
Masae Wako

本記事は雑誌BRUTUS770号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は770号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.770
続・尊敬できる日用品(2014.01.11発行)

関連記事