書籍・読書

恋愛や結婚に何度失敗したって大丈夫。|高橋源一郎 × 橋本麻里

ダイジョウブ本 2014

No. 769(2013.12.16発行)
この本があれば、人生だいたい大丈夫。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

高橋源一郎

1951年生まれ。作家。81年『さようなら、ギャングたち』でデビュー。2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、12年『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞。近著に『銀河鉄道の彼方に』(集英社、写真)。05年より明治学院大学国際学部教授を務める。

橋本麻里

日本美術を主な領域とする、フリーランスライター、エディター。明治学院大学非常勤講師、高校美術教科書の編集・執筆のほか、『BRUTUS』や『芸術新潮』『和樂』などで記事を執筆。近著に『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』(写真)、共著に『恋する春画』(共に新潮社)ほか。

photo/
PICZO
text/
Mari Hashimoto

本記事は雑誌BRUTUS769号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は769号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.769
この本があれば、人生だいたい大丈夫。(2013.12.16発行)

関連記事