ライフスタイル

repository

気になる木の家

No. 768(2013.12.02発行)
木の家
奥の居住空間。1階は寝室。1.5階、2階には子供の遊び場やテレビルーム、マッサージチェア室、読書ゾーンなど、大小さまざまな“部屋”がある。凍結深度の関係で1m掘った半地下部分は収納スペースとして有効活用。
駐車場を兼ねた風除室。暖かい季節はここでバーベキューをするのが家族の楽しみ。屋根はクリアなポリカーボネート。
3層に組まれた垂木によって複雑な光が注ぐ。左/居室を2つに分ける水回り。両側のカーテンを開け放てば、空間が一つにつながる。
玄関を入ってすぐのLDK。フローリングは道産シラカバの無垢材。旭川は木製家具生産で有名で、主人も家具関係の仕事。「天井と床以外は、そこまでモクモクしくないので、家具との相性もいい」
外壁は5つの層になっているが、上に行くほど幅広に。窓はあえて控えめな仕様。園芸家の妻によって家をグルリと囲むように色とりどりの植物が植えられ、夏になれば咲き誇る花と白壁とのコントラストが美しいという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

repository

北海道旭川市/設計:五十嵐 淳(五十嵐建築設計事務所

所在地/北海道旭川市
家族構成/夫婦+子供2人
構造/木造2階建て
敷地面積/500.00㎡
建築面積/215.95㎡
延床面積/279.24㎡
設計期間/2010年4月〜2011年9月
施工期間/2011年10月2012年3月
建築費用/非公開
設計/五十嵐
   (五十嵐建築設計事務所
問合せ/☎01587・2・3524

photo/
Tetsuya Ito

本記事は雑誌BRUTUS768号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は768号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.768
木の家(2013.12.02発行)

関連記事