〈アカシア新宿本店〉の「ロールキャベツ」

自分史上最多ごはん

No. 766(2013.11.01発行)
ラブソング
バターではなくラードで小麦粉を炒めて作るルーは、50年間変わらぬ、懐かしさを呼ぶ味。ロールキャベツ2個にご飯が付いて780円。(☎03・3354・7511)

意外や“新宿育ち”なベテランエディターが最も親しむ味とは。

 朝のホームルームだけ出たら、ボタンダウンシャツに着替えて新宿へ繰り出し、本屋や名画座、レコード屋で過ごしていた“文化系不良”な高校生時代。その頃通った〈DIG〉というJAZZ喫茶の下にあったのが〈アカシア〉です。当時はロールキャベツとご飯で500円くらい。高校生にも手の届く値段で、以降大学時代も、社会人になってからもよく食べた。大学4年間だけでも100回以上くらい。37年間で通算300回超かと。大好き!というのとも違う、って言うと失礼だけど(笑)、慣れ親しんだ味。年を取り、あのお店を使いこなせてる感が出てきたかなあ。

カテゴリの記事をもっと読む

渡辺 祐
自称“街の陽気な編集者”。エディター業に加え、J−WAVE『RADIO DONUTS』(毎週土曜8時〜12時)のナビゲーターを務めている。

text/
取材・文/小石原はるか

本記事は雑誌BRUTUS766号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は766号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.766
ラブソング(2013.11.01発行)

関連記事