GOOD SUIT IS HONEST. 装うことが、成功への近道。

装いが道を拓く。経営者に教わる、スーツスタイル。

BRUTUS特別編集(2019.09.02発行)
BUSINESS BRUTUS
右/スーツ180,000円(ボス/ヒューゴ  ボス ジャパン☎03・5774・7670)、タブカラーシャツ28,000円(バルバ/ビームス  六本木ヒルズ☎03・5775・1623)、ネクタイ27,000円(トゥモローランド☎0120・9 83・522)、左/スーツ490,000円、シャツ39,000円(共にエルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス☎03・5114 ・5300)、ネクタイ29,000円(エルメネジルド ゼニア クチュール/ゼニア カスタマーサービス)

ネクタイを新調するなら。

グレーやネイビーがビジネススーツの定番色。タイを派手な色にしたくなるところだが、あえて色数を抑えて控えめに主張すると、より洗練された印象に。黒ベースの小紋柄や、モダンにアレンジされたレジメンタイも遊び心があってオススメです。

ピンストライプスーツ190,000円、ベスト55,000円、クレリックシャツ18,000円(以上ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン☎0120・3274・20)、プリントネクタイ14,000円(ドレイクス/ビームス  六本木ヒルズ☎03・5775・1623)

スーツの余白とは。

肩線がしっかりした構築的なスーツは体を包み込みすっきりと見せてくれる。ポイントは、ジャケットのボタンを留めた時の快適なフィット感と、前を開けた時に自然に落ちるシルエット。スラックスもゆとりのある太めが、動いた時にエレガントだ。

ジャケット95,000円、パンツ28,000円(共にカルーゾ)、シャツ13,000円(ユナイテッドアローズ)、ネクタイ16,000円(ホリデー&ブラウン/以上ユナイテッドアローズ 原宿本店☎03・3479・8180)

ソフトスーツの心得。

肩パッドのないナチュラルショルダーのスーツは空気を纏うような軽さと滑らかなフォルムが魅力。ピークドラペルを選べばフォーマル度もアップ。ただし、体のアタリが出やすい分、サイズ選びには注意が必要。背筋を伸ばし、緊張感も忘れずに。

チョークストライプスーツ130,000円、ネクタイ18,000円(共にブルックス ブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン☎0120・185・718)、シャツ24,000円(ボリエッロ/ビームス 六本木ヒルズ☎03・5775・1623)

オンビジネスにも色を。

ビジネスシーンにおけるシャツは白かサックス。ならば時にはグレー、ネイビー以外のスーツを選ぶのも一興。トレンドとして注目なのはブラウン。色で遊ぶ分、形はベーシックに。柄はチョークストライプなどトラディショナルなものを選んで。

スーツ140,000円、ベスト38,000円、シャツ24,000円(以上ポール・スミス/ポール・スミス リミテッド☎03・3478・560 0)、ネクタイ28,000円(セブンフォールド/伊勢丹新宿店☎03・3352・1111)、バッグ50,000円(トゥミ/トゥミ・カスタマーセンター☎0120・006・267)

スーツは肩で着る。

肩からアームホールにかけての作りが自分の体形にフィットしているかどうかが、スーツ選びで何よりも大切なこと。自分の肩の傾斜を知ることも重要。動きやすさ、着心地、疲れなどに大きく影響する。言わずもがな、シルエットも美しく見える。

チョークストライプスーツ260,000円(ス ティレ ラティーノ/ビームス 六本木ヒルズ☎03・5775・1623)、シャツ14,000円(トゥモローランド ピルグリム/トゥモローランド☎0120・983・522)、ネクタイ16,000円(ニッキー/ユナイテッドア ローズ 原宿本店☎03・3479・8180)

上質な生地が醸し出す余裕。

チョークストライプスーツ260,000円(ス
ティレ ラティーノ/ビームス六本木ヒルズ☎03・5775・1623)、シャツ14,000円(トゥモローランド ピルグリム/トゥモローランド☎0120・983・522)、ネクタイ16,000円(ニッキー/ユナイテッドア
ローズ原宿本店☎03・3479・8180)

スリーピーススーツ199,000円(タリアトーレ)、シャツ21,000円(バーニーズ  ニューヨーク)、ネクタイ32,000円(アット ヴァンヌッチ フィレンツェ/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター☎0120・137・007)

丈感にこだわる。

ジャケットはお尻が半分隠れる丈が基本。袖口はジャケットの肘を曲げた時にシャツが1.5〜2㎝覗くように。裾幅が19〜20㎝ぐらいの細身のスラックスは、靴にかからないギリギリの丈がスマート。すべての丈感がキマるとスーツ姿が美しく見える。

photo/Seishi Shirakawa styling/Yoshiyuki Kitao fitting/Kyosuke Seki (Fenice Closet) hair/AMANO, Kenichi Yaguchi models/Mitsuaki Timo Otsuki (Founder/CEO of CONNECTION Inc.) Ryota Hayashi (CEO/Co-Founder of Finatext Holdings) Hiroyuki Watanabe (CEO of uka Inc.) Takahiro Yagi (CEO of Kaikado Co., Ltd.) cooperation/Shibuya Stream edit/Naoko Sasaki/

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BUSINESS BRUTUS(2019.09.02発行)

関連記事