ファッション

時に自分を俯瞰して、 客観視することは、 仕事場でも装いでも、 同じく非常に重要です┃前刀禎明 リアルディア代表取締役社長

装いが道を拓く。経営者に教わる、スーツスタイル。

BRUTUS特別編集(2019.09.02発行)
BUSINESS BRUTUS

2004年、《iPod mini》を大ヒットさせ、アップルを復活させた立役者、それが前刀禎明さんだ。当時、アップル米国本社のマーケティング担当副社長 兼 日本法人代表。現在は07年に立ち上げた自身の会社、リアルディアで、創造的知性を磨いて自己改革を促すための事業を展開する。
「その手段の一つとして、プレイ、クリエイト、シェアを基本コンセプトにしたスマホアプリを開発しました。まずはゲームに挑戦し、頭を悩ませながら解く中で、いろいろな発見をします。次に、今度は自分でゲームを作ってみましょう、と。すると仕組みがわかるので、さらに気づきがある。それをシェアして人にやってもらうと、自分では想定しなかったクリアの仕方があって、驚くんです。こうした経験を重ねるうちに、人はだんだんと固定観念から解放され、五感を研ぎ澄ませられるようになっていくと僕は考えています」
 アメリカの企業、中でもエンターテインメント業界やIT業界での勤務が長かった前刀さんは、現在に至るまで、仕事の現場ではカジュアルスマートを基本とする装いが中心だ。だが、コンサルティング会社での交渉の場面やビジネス上の要人との会談の際に身に着けるのは、やはりスーツだった。
「世界のトップは、スーツ姿もきれいです。そうした人たちとの交流を経て、僕が今スーツ選びで最も大切にしているのは、体に合ったサイズを選ぶこと。体にフィットしているとカチッとはまっている感じがして心地いいし、気持ちを引き締めてくれる効果もある」

スーツスタイルの完成は、 中身の充実があってこそ。

出かける前には必ず鏡で、全身のバランスをチェックするそう。
「自分を俯瞰し、客観視する機会って少ないですが、実は非常に大切。それは経営判断の場でも装いでも、同じだと僕は思います。自分がどんなふうにスーツを着ているのか、例えば写真を撮って点検する。現実を直視することを繰り返すうち、だんだんスーツスタイルの肝がわかってくるんです」
 仕事におけるプレゼンテーションでは、装いも重要なファクターになると前刀さんは言う。スーツスタイルは自己表現であり、そこに生き方や考えが表れるから。
「僕はウォルト・ディズニーの言葉から、自分を信じることの大切さを学びました。またスティーブ・ジョブズからは、現状に甘んじない精神、自分の心の声や直感に従って生きることの意味を教わった。僕が自分を変えられたように、現在僕が手がける事業を通じて、多くの人にセルフイノベーションして輝いてもらいたい。本当に素敵なスーツスタイルは表面だけでなく中身の充実があってこそ、完成するものだと信じています」

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

〈ゼニス〉をはじめ厳選した時計を20本以上所有。使用頻度の高いのは〈ジャガー・ルクルト〉のムーブメントを搭載した〈ラルフローレン〉。

ここ10年ほど、〈ラルフローレン〉のスーツを愛用。近づいてみると、光沢のある生地には繊細な織り模様が施されていることがわかる。

〈J.M.WESTON〉や〈ジョン ロブ〉
のシューズを数多く愛用する。この日の足元も10年以上大切に履き続けているという、茶系ウエストン

profile

さきとう・よしあき/1958年愛知県生まれ。ソニー、ベイン・アンド・カンパニー、ウォルト・ディズニー、AOLなどを経て、2004年、スティーブ・ジョブズ氏に任され、アップル米国本社のマーケティング担当副社長 兼 日本法人代表取締役に。07年、リアルディアを設立。ジムではウォーキングと軽い筋トレ、水泳を行い、体形維持に努めるそう。

photo/Koh Akazawa text/Taichi Fujino, Akiko Inamo edit/Naoko Sasaki/

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BUSINESS BRUTUS(2019.09.02発行)

関連記事