白昼、カフェに美女あらわる。

カフェの正解

BRUTUS特別編集(2019.09.17発行)
BRUTUS特別編集 福岡の大正解

可愛い女子はカフェが好き。福岡の街には個性豊かなカフェが軒を連ね、中ではその店の個性に合った女子たちがコーヒーを楽しむ。夜の中洲で博多美人を探す時代は終わった。さあ、白昼のカフェに出かけよう。

ビューティ系カフェ×ヘルシー美女

倉庫をリノベーションした店内で〈Kimmy's PUNCH〉のコールドプレスジュースや、乳製品不使用のスムージーが楽しめる。ビューティ感度の高い女子に人気で、ヴィーガンフードにはまっている愛梨ちゃんも常連の一人。イチオシメニューは、トロピカルミックスシェイク(600円)。

美女:里 愛梨 カフェ〈Pin〉店員/24歳

カフェ:Tlalli アパレル、オーダーサーフボードを展開するセレクトショップに併設されたカフェ。
裏手にある焙煎店〈日々ノ珈琲〉の豆を使ったハンドドリップコーヒーも人気で、店内で手作りされるスイーツは絶品。

喫茶系カフェ×ピュア美女

手縫いのネルフィルターで一杯ずつ丁寧に淹れるネルドリップコーヒーが自慢。旬の花々に彩られた店内は、いつ来ても四季の移ろいが感じられる。有佐ちゃんがいつも座るのは、オーナーとほっこり会話を楽しめるカウンター席。イチオシメニューは、ネルドリップコーヒー(500円)。

美女:有佐 モデル/22歳

カフェ:そふ珈琲
岡山の名店〈エスプリ珈琲店〉出身のオーナーとパティシエの奥さんが営む。椅子の蒐集家としても知られるインテリアデザイナー永井敬二氏が内装を手がけ、オーナーのコレクションである郷土玩具が可愛らしく色を添える。

バー系カフェ×アクティブ美女

専属ロースターから仕入れるスペシャルティコーヒーと自然派ワインを昼の12時から提供している。麻弥ちゃんは仕事帰りに、明菜ちゃん(なんと、ハーレーを乗りこなす!)はツーリング途中にふらりと立ち寄ることが多い。イチオシメニューは、É.C.G.(エクリュのコーヒー牛乳、600円)。

美女 左:菊池麻弥 ヨガインストラクター/34歳 右:沼田明菜 着付け師/32歳

カフェ:ÉCRU.
約3坪の横長の店内は、居合わせた客同士で自然と会話が生まれる距離感が心地いい。テイクアウトも可能で、オリジナルのコーヒーバッグやシロップも販売している。原生蘭が空間を彩り、随所にオーナーの個性が光る。

ロースターカフェ×本物志向美女

中米の農園に住み込んでコーヒー作りを学んだロースターのオーナーが、直接買い付けたシングルオリジンの豆をこだわりの自家焙煎で提供する。コーヒーが大好きないづみちゃんと未和ちゃんは、この店でしか飲まないと決めているほど。イチオシメニューは、エスプレッソソーダ(550円)。

美女 左:川井いづみ (会社員/29歳) 右:後川未和(家事手伝い/25歳)

カフェ:COFFEE COUNTY久留米店に続く2号店で、1号店よりもカフェスペースを充実させた。奥には展示やワークショップのできるスペースも設けている。提供する器にもこだわっており、店内では試飲も可能なのがうれしい。

ミュージック系カフェ×アート好き美女

2台の巨大JBLスピーカーとMcIntoshのアンプを配し、上質な音楽とコーヒーが楽しめる空間。2階のギャラリースペースでは展示会やイベントを開催しており、麻子ちゃんは好きな作家の展示などでもよく訪れるそう。イチオシメニューは、ハンドドリップコーヒー(520円〜)。

美女:伊礼麻子 ショップ店員/33歳

カフェ:STEREO COFFEE
築30年の古民家リノベーションした、大名のダイニングバー〈STEREO〉の姉妹店。バリスタ厳選の豆を常時2〜3種揃えており、日替わりのエスプレッソビバレッジやホットサンドなども味わえる。

カルチャー系カフェ×クリエイティブ美女

市内で4店舗を展開する福岡コーヒーシーンの立役者。自家焙煎の豆から提供するカップに至るまでこだわり、アーティストとの企画展を行うなどカルチャーシーンでも常に一目置かれている。役者の由貴ちゃんはオーナーとも仲良し。イチオシメニューはウィンナーコーヒー(550円)。

美女:山本由貴 役者/29歳

カフェ:manu coffee クジラ店
1階は焙煎・販売スペースで、コーヒー豆や波佐見焼のマルヒロとコラボしたカップなども販売している。イベントスペースも兼ねた2階がカフェスペース。常時20種類以上ものメニューを揃えているのが魅力。

ライフスタイル系カフェ×アパレル美女

東京のアパレルメーカー出身のオーナーが、アジアの玄関口である福岡からカルチャーを発信したいとの思いでオープン。おいしいコーヒーとオリジナルグッズが人気で、ファッション感度の高い優希ちゃんもお気に入り。イチオシメニューは、抹茶ラテ with エスプレッソ(550円)。

美女:保田優希〈FROM WHERE I STAND〉販売員/26歳

カフェ:NO COFFEE
「コーヒーのある生活」を新たな切り口で提案している。海外から訪れる客も多く、洗練された店内には、アーティストとのコラボアイテムも並ぶ。

カテゴリの記事をもっと読む

Tlalli

福岡市中央区平尾2-19-35☎092・524 ・6577。12時〜19時。火曜・水曜休。

COFFEE COUNTY

福岡市中央区高砂1-21-21☎092・753・8321。11時〜19時30分。水曜休。

STEREO COFFEE

福岡市中央区渡辺通3-8-3☎092・231・8854。8時〜22時。水曜休。

manu coffee クジラ店

福岡市中央区白金1-18-28☎092・707・0306。10時〜21時。無休。

NO COFFEE

福岡市中央区平尾3-17-12☎092・791・4515。10時〜19時(土・日・祝〜18時)。月曜休(祝日の場合は翌火曜休)。

そふ珈琲

福岡市城南区別府1-3-11☎092・407・6474。13時〜22時。水曜休。

福岡市中央区天神3-4-1☎092・791・6833。12時〜24時。日曜休。

photo/
Taishi Fujimori
text/
Eto Katagiri
edit/
Mayo Goto

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 福岡の大正解(2019.09.17発行)

関連記事