ファッションPR

【PR】人の気持ちを読む不思議な腕時計!?

BRUTUS.jpオリジナル記事

BRUTUS.jpオリジナル記事

気分が変われば色も変わる

上の4枚の写真で身に着けている時計は、どれも同じモデル……だと言われても、にわかには信じられないかもしれない。何しろダイヤルが、アンバー、グリーン、ブルーと色違いなのだから。実はこれ、着けている人の気分(ムード)でダイヤルの色が変わるというのだ。その名もズバリ、〈ムードウォッチ〉。最初は黒いダイヤルが、身に着けて数分経つとハッピーな気分だとブルーに、ナーバスだとアンバーへと変化して、途中で気分が変われば、それに合わせてダイヤルの色も変わる。1996年に《フォッシル》がリリースし、話題となった極めてユニークな腕時計が、日本限定バージョンとして復刻を果たした。

フォッシル史上屈指のユニークさ

上のムービーを見れば、ダイヤルの色が変化する様子がお分かりいただけるだろう。嘘発見器に似た仕組みを搭載……しているのではなく、温度で色が変わるフィルムをダイヤルに用いている。つまりは実際に心を読むわけではなく、ギミックというわけ。1984年の創業以来、アメリカンクラシックなデザインに遊び心が潜むアイテムを展開してきたフォッシルの歴代モデルの中でも、ムードウォッチは3大“オモシロウォッチ”の1つ。創業35周年の今年、腕時計文化を発信するTiCTACとのコラボで、復刻が日本でかなえられた。この別注モデルが買えるのは世界でもTiCTACとフォッシルの日本直営店だけ。数量限定。手に入れたいなら、下記のキャンペーンサイトをクリック!

フォッシル

ムードウォッチ/径42mm。クォーツ。SSケース。レザーストラップ。16,000円(税別)(フォッシル/フォッシルジャパン 03・5992・4611)

text/
Norio Takagi
BRUTUS.jpオリジナル記事

関連記事