【PR】ブラックニッカ第三回〈ベンフィディック〉鹿山博康さん、 ブラックニッカの美味しい飲み方、教えてください。

BRUTUS.jpオリジナル記事

BRUTUS.jpオリジナル記事

鹿山オリジナル「ブラックニッカ ジャーハイ」のレシピを大公開。

バー・ベンフィディックを訪れたゲストは、実にさまざまな漬け込み酒に迎えられる。もちろんすべてオーナー・バーテンダー、鹿山博康さんのオリジナルだ。そして現在も新たな素材を求めてトライ&エラーを繰り返している鹿山さんは、3ブランドの「ブラックニッカ」に何を漬け込んで、どんな世界へ誘ってくれるだろう。

今回は鹿山さんが〈ブラックニッカ 3スタイルズ バー〉のために考案してくれた漬け込み酒についてうかがいます。まず、第1週に披露される「ブラックニッカ クリア」の漬け込み酒からお願いします。
鹿山 
はい。梅雨に入って鬱陶しい日々が続くので、爽やかなテイストの漬け込み酒をご用意しました。「クリア」のクセがなく軽やかな飲み口を活かした〈シトラス&山椒 クリアハイボール〉です。レシピは700mlの「クリア」に対して、フレッシュレモンピール1個分、山椒100粒。これを2日間漬け込めば飲み頃になります。シトラスの爽やかな香りに山椒のピリッとした刺激を加えることで、「クリア」の軽やかさもさらに引き立つはずです。

鹿山さんが漬け込み酒を考えるとき、季節感というのは気にしますか?
鹿山 
そうですね、かなり重視します。夏においしいお酒と冬においしいお酒は当然違ってきますから。また季節感を愉しむために、積極的に旬の素材も取り入れるようにしています。
今回は乾燥タイプの山椒を使いましたが、フレッシュな実山椒を枝付きで使うと見た目にも華やかになるので、ご家庭で愉しむ場合にはオススメです。一週間もすれば成分は溶け出してしまうので、その後も素材は入れっぱなしにしておいてけっこうです。

ちょっとした驚きもプレゼント。

続いて「ブラックニッカ リッチブレンド」の漬け込み酒をお願いします。
鹿山
シェリー樽由来の華やかな香り立ちとカフェグレーンらしい甘やかさを愉しめる「リッチブレンド」には、漬け込む素材も香りに存在感のあるものを選びました。最初に選んだのはシナモン。僕自身も大好きでもっともよく使う素材の一つですが、シェリー樽の香りとの相性もピッタリです。そしてもう一つの素材はシナモンと相性抜群なフレッシュオレンジピール。「リッチブレンド」が「モアリッチブレンド」に変身するはずです。

鹿山
分量は700mlの「リッチブレンド」に対して、シナモンスティック3本とオレンジ1個分。これを2日漬け込めば出来上がりです。ストレートやオン・ザ・ロックスで飲んでもけっこうですし、無糖ソーダで割れば鉄板。名付けて〈スパイス リッチハイボール〉です。
香り高い正統派カクテルのようなハイボールですね。では最終週の「ブラックニッカ ディープブレンド」のジャーハイを教えてください。
鹿山 
こちらは〈合わせダシ ディープハイボール〉になります。

合わせダシ……ですか!?
鹿山
そう、その驚きが漬け込み酒の愉しみの一つです。お客様の想像を超えた組み合わせをご用意すれば、「どんな味? どんな香り?」と興味を持っていただけますから。
そうですね、とても興味を惹かれました。
鹿山 
「ブラックニッカ ディープブレンド」は、新樽由来のウッディで甘やかな香りに加えピート香もほのかにあって、余市らしい佇まいが感じられます。
僕がレシピを考えるときの一つの手がかりにしているのが、ウイスキーのグランドストーリーです。今回は「ディープブレンド」の余市らしい佇まいから昆布をイメージしたんです。同じ産地の素材は好相性につながる可能性が高いので。
そして昆布に何を合わせようかと考えていたときに、ダシという特徴をはっきり打ち出したいと思い、合わせダシにしてみようと。花鰹を合わせることでダシに奥行きが出ますし、〈合わせダシ ディープハイボール〉というネーミングも気に入りました。これはお客様の興味を惹くに十分だなってね。もちろん深く濃厚なディープブレンドなら、合わせダシの風味をしっかり受け止めてくれるはずです。
分量は乾燥昆布20gに花鰹3g。こちらも2日間漬け込んでください。
3ブランドの鹿山オリジナルジャーハイ、それぞれにしっかり個性があって愉しみです。では最後にお客様にメッセージを。
鹿山 
今回は、最終的にご家庭でも愉しめるような漬け込み酒をというオーダーでしたので、あまり複雑な作業が必要な素材は避けて、でもちょっとした驚きをプレゼントできるような漬け込み酒をご用意したつもりです。

鹿山
まずはぜひ〈ブラックニッカ 3スタイルズ バー〉に足を運んでジャーハイを試してみてください。そしてご家庭でもご自分の好みに合わせて、漬け込み酒にトライしていただければうれしいです。漬け込むという一手間をかけることでグンと広がる「ブラックニッカ」の世界をお愉しみください。

ブラックニッカ クリア

ノンピートモルト(ピートを炊き込まずに乾燥させた大麦麦芽)のみを使用することでウイスキーの味わいに新たな価値観をもたらした、歴史に残る名品です。やわらかな香りとまろやかな味わい、クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ。アルコール度数37%。

・180ml びん 290円
・300ml びん 470円
・700ml びん 900円
・1920ml びん 2,330円
・1.8L ペットボトル 2,180円
・2.7L ペットボトル 3,110円
・4.0L ペットボトル 4,430円
・1.8L 紙パック 2,180円

ブラックニッカ リッチブレンド

シェリー樽で熟成を重ねたモルトウイスキーと、樽熟成したグレーンウイスキーを使用したブレンデッドウイスキー。シェリー樽原酒のフルーティーで華やかなトップノートを、カフェグレーンの甘くやわらかい樽の香りが追いかけます。スムースな口当たりと飲みやすさの中に、コクがしっかりと感じられるブラックニッカ。アルコール度数40%。

・180ml びん 420円
・700ml びん 1,330円
・2.7L ペットボトル 4,560円
・4.0L ペットボトル 6.500円

ブラックニッカ ディープブレンド

新樽ならではのウッディな香りとバニラを思わせる甘やかな香り。樽のコク深さと濃密なモルトの甘さがとけあい、伸びのある豊かな味わいを実現しました。ふくよかなコクと甘さが感じられた後、心地よいピート香と樽のほろ苦くまろやかな余韻が口の中にゆっくりと広がるブラックニッカ。アルコール度数45%。

・700ml びん 1,500円

BLACK NIKKA×BRUTUS×AFTER 6 JUNCTION コラボレーションイベント ブラックニッカ 3 スタイルズ バー 開催

ブルータスとTBSラジオ アフターシックスジャンクション、そしてBLACK NIKKAがコラボレーションしたイベントが六本木ヒルズで開催。BLACK NIKKAの3つのテイストにあわせて、ブルータスとバー〈BenFiddich〉鹿山康博さんが生み出したジャーハイ体験も!

詳しくはこちら

期間 2019年6月20日(木)-7月7日(日)

OPEN 11:00 – CLOSE 23:00 (L.O. Food/22:00 Drink/22:30 )

場所 六本木ヒルズ Hills Cafe / Space
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2階

カテゴリの記事をもっと読む

ご家庭で漬け込み酒をつくる場合、漬け込み酒は、つくったご自身と、同居されているご家族の方のみでお愉しみください。(酒税法第43条11項による)

かやま・ひろやす

1983年生まれ。ホテルのバーや西麻布の名店アンバーなどで修業後、2013年にバー・ベンフィディックをオープン。アブサンと薬草酒の古酒の圧倒的な品揃えと、ハーブやスパイスを使ったミクソロジーカクテルでゲストを魅了する。17年には2軒目の、フルーツブランデーに特化したバーB&Fを開いた。現在も「ファーム・トゥ・バー」「薬草漬け込み酒」など、ユニークでクオリティの高い発信を続けている。

バー・ベンフィディック

東京都新宿区西新宿1-13-7大和屋ビル9F
☎03-6279-4223/18時〜翌3時/日曜・祝日休。

photo/
Natsumi Kakuto
text/
Kaz Yuzawa
BRUTUS.jpオリジナル記事

関連記事