旅行

but. we love butter

台北

BRUTUS特別編集(2018.03.15発行)
BRUTUS特別編集 増補版 台湾
富錦街から見た外観。テーラーにしか見えない。
演出用とはいえ、内装も完璧。少し不安になる……。
4つある試着室の扉のうち1つがショップへの入口。
左から時計回りに、Hug me(ハチミツ入り生チーズクッキー)、Mixx you(チョコクッキー)、Stand by me(厚焼きバタークッキー)。いずれも6個438元、10個698元。お菓子には各3種類の専用箱を用意。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

but. we love butter

新登場のSoul mate(パイナップルケーキ)など焼き菓子は6種類。店内では毎日1種類を試食できる。イートインはなし。●バット ウィー ラブ バター/台北松山區富錦街102號☎02・2547・1207。13時〜20時30分(土・日12時30分〜20時)。無休。

林 宸宇
6人の友人と共に共同オーナーを務める。台湾の結婚式で新婦が配るお菓子、喜餅を新しいスタイルで提供して人気に。現在、台中に3軒、台北に2軒を展開。

photo/
JR TAN LIN

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 増補版 台湾(2018.03.15発行)

関連記事