旅と地域

漢聲巷門市

台北

BRUTUS特別編集(2018.03.15発行)
BRUTUS特別編集 増補版 台湾
制作に10年を費やした惠山泥人特集。1,980元。人形カタログ、文化背景、制作工程の3冊構成。
ろうけつ染め特集。1,350元。杉浦康平とも親交のあるAD黃永松のデザインセンスが随所に光る。
判型が多様なのは特集テーマに沿って決めているため。
壁に貼られている干支のポスターも漢聲雜誌社の制作。店内では伝統文化に関わる商品も販売。
漢聲巷門市の入口。2階が編集部だが、立ち入りは不可。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

2020年7月1日〜31日まで無料キャンペーン期間中。
詳しくはこちらをご覧ください

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

漢聲巷門市

『漢聲』で30年間編集者を務めた鄭美玲さんが店長。絵本も充実している。●ハンシエンシャンメンシー/台北松山區八德路四段72巷16弄1號1樓☎02・2763・1452、内線100。13時〜20時(土11時〜18時)。日休。

photo/
Teikoukei
text/
Hitoshi Matsuo

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 増補版 台湾(2018.03.15発行)

関連記事