カフェ

terzo tempo

若い喫茶店主に会いに行く。

BRUTUS特別編集(2017.09.30発行)
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。
かつては東京で音楽関係の仕事に就いていた寛さんは、ときどき店内でライブを企画。またCDも販売する。
広さのわりに席数は少なくゆったり。書棚に並んだ古本も購入可能。
ブレンド450円。豆は徳島の〈アアルトコーヒー〉のものを使う。プリン380円は、高知に戻ってからお菓子づくりを学んだ奈那さんのお手製。
6月から10月まではかき氷を出す。店内に小さなクーラーしかなく、戸を開け放っていたいために始めた。お客さんの8〜9割がかき氷を頼むので「かき氷屋と呼んでもらっていいです」という状態。
奥の和室も客席として使用。2階でワークショップを開くこともある。
開放感が魅力。遠巻きに見ていた人もやがて入ってくるようになった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

terzo tempo

高知・桜井町
●てるつぉ てんぽ/高知県高知市桜井町2−5−30☎080・6559・2013。11時〜19時。火曜・水曜休。2009年3月にオープンした。土佐電鉄菜園場町停留所から徒歩約10分の場所にある。

photo/
Ayumi Yamamoto
text/
岡本 仁

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。(2017.09.30発行)

関連記事